• ホーム
  • 映画
  • 松坂桃李、“娼夫役”に「期待や不安ある」 濡れ場共演の女優から称賛続々

松坂桃李、“娼夫役”に「期待や不安ある」 濡れ場共演の女優から称賛続々

 俳優の松坂桃李が12日、都内で行われた映画『娼年』(4月6日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 石田衣良氏の小説を原作にした同映画では、無気力な生活を送る大学生・リョウ(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナーの女性と出会い、彼女の勧めで男娼の仕事を始めていくなかで成長してくさまを描く。

 複雑な役どころを演じ、公開日を間近に控えた松坂は「期待や不安もあります」と本音をポツリ。それでも真飛聖冨手麻妙猪塚健太桜井ユキ小柳友馬渕英里何、 荻野友里、 佐々木心音、大谷麻衣、西岡徳馬、江波杏子三浦大輔監督ら、豪華な面々と並び「このメンバーだったら僕に怖いものはない」と力強く語った。

 劇中では多くのラブシーンが描かれた。共演した女優陣は口々に松坂を称賛し、桜井は「映画の撮影と共に(松坂演じる)リョウくんという存在が変わっていったのが、役者としてさすがだなと。尊敬しちゃいました」と感嘆の声を漏らす。

 さらに大ベテランの江波は「オファーがくるまでは、老女優として看板を下ろそうかなと思っていた」と告白。今作の依頼を受け「濡れ場がある!」と驚いたそうだが、現場での松坂や三浦監督の熱量に刺激を受け「演じているうちに希望に満ち満ちまして、その気持ちも吹き飛びました」と笑顔で話した。

 その言葉に「とんでもないです」と恐縮した松坂。最後にはキャスト・スタッフを代表して「僕が今まで携わってきた作品の中で、こんなに入り口と出口が違う作品はなかなかない。すごく余韻を楽しめる作品です」と力強くアピールしていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『娼年』主演の松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)三浦大輔監督、西岡徳馬、佐々木心音、馬渕英里何、江波杏子、冨手麻妙、松坂桃李、真飛聖、桜井ユキ、荻野友里、大谷麻衣、猪塚健太、小柳友 (C)ORICON NewS inc.
  • 江波杏子、冨手麻妙、松坂桃李、真飛聖、桜井ユキ=映画『娼年』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 荻野友里、大谷麻衣、猪塚健太、小柳友=映画『娼年』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)三浦大輔監督、西岡徳馬、佐々木心音、馬渕英里何=映画『娼年』完成披露舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス