• ホーム
  • 芸能
  • 井手らっきょ、4月から活動拠点を故郷・熊本へ「皆さんを笑顔にしたい」

井手らっきょ、4月から活動拠点を故郷・熊本へ「皆さんを笑顔にしたい」

 タレントの井手らっきょ(58)が8日、文化放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(月〜金 後1:00〜3:30)に生出演し、4月1日から活動拠点を故郷である熊本に移すことを発表した。

【写真】その他の写真を見る


 午後2時過ぎのゲストコーナーにトレードマークの「獅子舞つきビキニパンツ」で登場した井手。スタートと同時に、パーソナリティの大竹まこと(68)から「熊本に移住するの?」と直撃されると、井手は「移住します」と報告。

 続けて「というか、もともと僕、地元が熊本なんですね。それで震災後にちょこちょこ番組に呼ばれるようになって、番組スタッフの人から『いや〜熊本にいてくれたらなぁ』とぼそっと言われて」といい「『そっか、地元だし移住しようかな』って言ったところ、すぐレギュラーがポンと決まって。2本。復興のためとかじゃなくて、どっちかって言うと僕が復興される感じです(笑)」と移住への経緯を説明した。

 井手は、1959年の熊本県熊本市生まれ。久留米大学商学部中退後、東京でデビュー。その後「たけし軍団」の一員として人気を博した。芸能活動の傍ら、2005年5月にはテレビ番組『マネーの虎』で融資を受けた2000万円で、熊本市で野球専門学校「プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー」を設立。今回の熊本への活動拠点の移動は今年4月1日からとなる。

 番組では大竹が「熊本が協力してる感じだな(笑)でもいいなぁ、そういう生まれた国に帰って、そこで。だってもう58(歳)だろ、そこでレギュラーが2本待ってるなんて、ありがたいよ」と熊本行きに賛同すると、井手も「ありがたいですね。だから向こう拠点に、こっちの仕事はこっちで」と応え、オンエア後にも「熊本の皆さんを笑いで笑顔にしたい」と力を込めていた。



関連写真

  • 4月から活動拠点を故郷・熊本へ移す井手らっきょ
  • 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で井手らっきょが拠点を熊本に移すことを発表
  • 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で井手らっきょが拠点を熊本に移すことを発表
  • 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で井手らっきょが拠点を熊本に移すことを発表

オリコントピックス