• ホーム
  • 映画
  • 百田夏菜子、ももクロのリーダー論明かす「一旦待つ」

百田夏菜子、ももクロのリーダー論明かす「一旦待つ」

 アイドルグループ・ももいろクローバーZ百田夏菜子(23)が19日、都内で行われたマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』(3月1日公開)の吹替版完成披露試写会に出席した。同作の主人公、ティ・チャラ/ブラックパンサーの妹であり、天才科学者・シュリ役でハリウッド映画の声優に初挑戦した百田は、主人公が国王であることにかけて、ももクロでのリーダー論を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 2008年からももクロのリーダーを務める百田は、グループをうまくやっていく秘訣として掲げたのは「一旦待つ」。その理由を「話合いの時に、私がベラベラ話すよりも一旦みんなの声を聞きたいと思うので、取材とかでも『どうですかももクロさん?』聞かれた時に、リーダーとして答えないといけないなって私が感じること以外は、誰か話すかなって一呼吸待って、話してくれたら、ありがとうございますって思う」とリーダーとしての気遣いを告白。

 同作は、超文明国ワカンダの若き王子ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が、亡き父に代わり王国を統治し、ワカンダの抱える秘密を守るためヒーロー“ブラックパンサー”としても活躍する姿が描かれる。百田が演じるシュリは、ブラックパンサーのスーツなど、劇中に登場する数々の最新ガジェットの開発者。さまざまなテクノロジーを生み出す唯一無二の存在として、兄であり国王のティ・チャラ(ブラックパンサー)を支える重要なキャラクター。

 昨年、アニメ映画『かいけつゾロリ ZZのひみつ』で吹き替え声優を経験している百田だが、初の洋画吹き替えについては「洋画の吹き替えということで、元の女優さんがいる中での吹き替え、役者にどれだれ合わせてテンションを合わせるか、どこをどうすり合わせるか難しかった」と苦労を吐露。

 サプライズでイベントに登場した俳優の藤岡弘、(72)から「アクションが素晴らしい。どの民族も共感できるヒーローだね」と同作を藤岡節で大絶賛を受けると、百田は「ヒーローに認められたヒーローって、もうヒーローじゃないですか!」と仮面ライダーとして活躍した藤岡の言葉に感激の声を上げていた。



関連写真

  • ももいろクローバーZ・百田夏菜子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ももいろクローバーZ・百田夏菜子 、藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブラックパンサー』吹き替え版完成披露試写会に出席したももいろクローバーZ・百田夏菜子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブラックパンサー』吹き替え版完成披露試写会に出席した藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス