• ホーム
  • 芸能
  • 新世代ミューズ・小宮有紗、『ヤンジャン』グラビアで新境地に挑戦

新世代ミューズ・小宮有紗、『ヤンジャン』グラビアで新境地に挑戦

 人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』などに出演した声優で女優の小宮有紗(24)が、15日発売の『週刊ヤングジャンプ』11号(集英社)の巻末グラビアに登場。声優、歌、そして女優と、異なる世界で活躍する新ミューズが、新境地を見せている。

【写真】その他の写真を見る


 女優として活動していた小宮は、『ラブライブ!〜』でちょっと天然なお嬢様・黒澤ダイヤ役で声優デビュー。同番組から生まれた声優ユニット「Aqours(アクア)」のメンバーとしても活躍し、アニメ界で一気に人気急上昇中。また、昨年からグラビアにも進出し、今月には写真集『Majestic』を発売。「声優・女優・グラビア・タレント」とジャンルを超え、もはや“職業=小宮有紗”という存在感を発揮している。

 今回のグラビアは、ソリッドな黒い背景&何もないし白い空間の中で、ビキニ姿でたたずむだけのカットに挑戦。一人の女性としての表現力を最大限に発揮し、神々しさを感じさせるグラビアに仕上がっている。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには、人気コスプレイヤーの伊織もえが初登場。バブみ(母性)にあふれた話題の美女が、本格的なグラビアデビューで表紙に大抜てきされた。

 同号の巻頭カラー漫画は、新連載『優良少女ファミリヤン』(作:カワカミ)。



関連写真

  • 『週刊ヤングジャンプ』11号に登場した小宮有紗 (C)栗山秀作/集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』11号に登場した小宮有紗 (C)栗山秀作/集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』11号表紙

オリコントピックス