• ホーム
  • 芸能
  • J・J・エイブラムス製作『クローバーフィールド』最新作 世界同時配信

J・J・エイブラムス製作『クローバーフィールド』最新作 世界同時配信

 J・J・エイブラムスがプロデューサーを務める映画『クローバーフィールド・パラドックス』が、日本時間できょう5日昼前後より映像配信サービス「Netflix」で世界同時に独占配信される。きのう4日夜には、Netflixから「未来は明るいはずだった。 #世界直撃」という文字だけの意味深な動画広告やテレビCM、東急渋谷駅の屋外広告が掲出され、これらを目にした人たちがSNSで「ネトフリオリジナルの新作かな?」「これなに?」とやり取りしているのが見られた。これまでにもタイトルや内容を隠してプロモーションするなど、ファンを驚かせる施策を行ってきた同シリーズらしい、サプライズ公開となった。

 『クローバーフィールド』は、『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008年公開)、『10クローバーフィールド・レーン』(16年公開)と続く人気シリーズで、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15年)、次回作『スター・ウォーズ/エピソード9』(19年公開予定)や「スター・トレック」シリーズのメガヒットプロデューサー・監督のJ・J・エイブラムスがプロデュースを担当。その斬新な世界感とスリラー要素で多くのファンを持つ。

 最新作『クローバーフィールド・パラドックス』の舞台はそう遠くない未来。世界中から集められた宇宙飛行士たちが、地球の深刻なエネルギー危機を解決するため、宇宙ステーションで実験を行っていた。しかしある事故により、その任務は予想外の事態に陥る。宇宙に放り出された飛行士たちの運命は…。

 監督はジュリアス・オナ、出演はダニエル・ブリュール、ロジャー・デイヴィス、エリザベス・デビッキ、アクセル・ヘニー、ググ・ンバータ=ロー、クリス・オダウド、ジョン・オーティス、デヴィッド・オイェロウォ、チャン・ツィイーなど。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • Netflixオリジナル映画『クローバーフィールド・パラドックス』キーアート
  • 場面写真

オリコントピックス