• ホーム
  • 映画
  • 巨匠ジェームズ・キャメロン、日本のSF漫画を実写映画化

巨匠ジェームズ・キャメロン、日本のSF漫画を実写映画化

世界8の国と地域で翻訳された木城ゆきと氏原作のSF漫画『銃夢』(集英社)が、『タイタニック』(1997年)、『アバター』(2009年)などで映画史を塗り替えてきた巨匠、ジェームズ・キャメロン製作・脚本で実写映画化。『アリタ:バトル・エンジェル』のタイトルで、今夏、日本公開が決定した。

キャメロン氏が原作に惚れ込み、長年にわたり映画化を切望した本作。舞台は数百年先の未来。<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で意識を失った状態で発見されたサイボーグの少女“アリタ”(ローサ・サラザール...

オリコントピックス