• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』4DXに暗黒面ver.登場

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』4DXに暗黒面ver.登場

 15日より公開中の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、映画のシーンに合わせて座席が動き、風、水、香りなどのエフェクトが連動する体感型アトラクションシアター4DX(全国55劇場)でも上映中。衝撃のストーリーをテーマパークさながらに体感できると、初日から満席回が続出する好調ぶり。こうした反響を受け、来年1月5日から4DXダークサイドバージョンが登場することになった。

【写真】その他の写真を見る


 初日から上映されているのは、ライトサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせた4D演出が楽しめる4DXオリジナルバージョン(ライトサイドバージョン)。ライトセーバーでのバトルシーンやレジスタンス勢力による宇宙戦闘シーンでは、レイやポー・ダメロンらと一緒に戦っているような感覚を味わうことができる。

 ダークサイドバージョンでは、ダークサイド側の登場人物たちの動きや感情に合わせ、座席が前後・左右・上下に激しく動き、風や水が吹きつけ、香りやフラッシュがリアルな衝撃を演出。ファースト・オーダーの戦艦登場やストームトルーパーの行進、レジスタンス勢力との激しい戦闘シーンなど、さまざまなシーンでダークサイド視点で楽しめる。

 とりわけ注目なのがファースト・オーダーの最高指導者スノークらが操るフォースを細かいエフェクトで再現した点。まさに暗黒面を全身で体感できる演出になっているという。しかも、今回のダークサイドバージョンは、全世界50ヶ国の4DXシアターで日本が最速公開となる。

 上映情報は各劇場のホームページで確認を。

■4DX上映劇場(全国55劇場)
▼ユナイテッド・シネマ
札幌、としまえん、豊洲、アクアシティお台場、新座、わかば、春日部、入間、前橋、新潟、橿原、キャナルシティ13、長崎、熊本、大津

▼シネプレックス
旭川、水戸、枚方

▼109シネマズ
富谷、菖蒲、佐野、四日市、大阪エキスポシティ、HAT神戸、広島、佐賀

▼コロナシネマワールド
小田原、中川、豊川、安城、大垣、金沢、福山、小倉、小牧

▼シネマサンシャイン
平和島、沼津、大和郡山、エミフルMASAKI、姶良、北島

▼イオンシネマ
名取、越谷レイクタウン、シアタス調布、みなとみらい、四條畷、京都桂川、筑紫野

▼USシネマ
木更津、千葉ニュータウン、ちはら台、つくば、パルナ稲敷

▼フォーラム那須塩原

▼アースシネマズ姫路



関連写真

  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』4DXにダークサイドバージョンが登場。2018年1月5日より上映開始(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 4DXで“光”と“闇”、2つの『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が楽しめる(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新ビジュアル(カイロ・レン)(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新ビジュアル(レイ)(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新ビジュアル(ルーク・スカイウォーカー)(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

オリコントピックス