• ホーム
  • 芸能
  • 年末年始は学生スポーツが目白押し 現役学生選手が語る青春、その魅力とは

年末年始は学生スポーツが目白押し 現役学生選手が語る青春、その魅力とは

 年末年始、学生スポーツと言えば『箱根駅伝』や『ラグビー全国大学選手権』、『全国高校サッカー選手権』が定番だろう。しかし、他にも『春の高校バレー』や『全国高等学校バスケットボール選手権(ウィンターカップ)』、『全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)』などの全国大会が各地で開催されている。そんな年末年始は、学生スポーツのシーズンのひとつと言える。そこで、株式会社ジュピターテレコムが手掛けるCSテレビサービス「J:COM TV」では、『ラグビー全国大学選手権』と『春の高校バレー』をクローズアップし、現役の選手にインタビュー。学生スポーツの魅力や意気込みについて語った。

【写真】その他の写真を見る


 『ラグビー全国大学選手権』の出場選手からは、現役大学生で唯一、日本代表としても活躍する野口竜司選手(東海大学ラグビー部・主将)が登場。16日に早稲田大学との対戦が決まっており、「トーナメント戦で負けたら終わりの戦いが続く」「1試合1試合、全力で挑みたい」と意気込む。また、大学ラグビーの魅力についても「学生スポーツとして最後の戦い。みんなそこに賭ける強い想いがあります」と語った。野口選手は現在、大学4年生。年末年始の大会は高校3年生や大学4年生にとって仲間と戦う最後の試合だ。「今までは先輩たちに引っ張ってもらっていましたが、今年はキャプテンとして自分が引っ張る立場。少し気持ちに変化がありました」と心境を明かしている。そして、「学生スポーツ最後の戦い」にすべてを賭けた“大学日本一”を目標に掲げた。

 また、バレーボール男子日本代表の石川祐希を兄に持つ高校2年生で、『春の高校バレー』に出場する石川真佑選手(下北沢成徳高校)にもインタビュー。兄にスパイクの打ち方についてアドバイスをもらったことがあると言う石川選手は、「プレーはまだまだですが、成績では負けていないと思います!」とおどける。自身のプレーで見てほしいところについては「コースに打ち分けたり、相手のブロックをとばすスパイク」と答え、チームのすごさについても「自分たちで考えて工夫するところ」や「ウエイトトレーニングやランなどの辛いトレーニング」について挙げるなど、仲間への信頼と厳しい練習を乗り越えてきたからこその信頼感が滲みでる。

 そんな学生たちの勇姿は「J:COM TV」で見ることができる。『ラグビー全国大学選手権』は16日(土)の3回戦から、『春の高校バレー』は2018年1月4日(木)の1回戦から放送が開始。



関連写真

  • 「J:COM TV」のインタビューに答えた東海大学ラグビー部・主将の野口竜司選手
  • 女子バレーボール期待の高校生・石川真佑選手(下北沢成徳高校)
  • 『第70回 春の高校バレー』に出場する下北沢成徳高校 写真提供:大阪フォトサービス
  • 「J:COM TV」のインタビューに答えた東海大学ラグビー部・主将の野口竜司選手
  • 「J:COM TV」のインタビューに答えた東海大学ラグビー部・主将の野口竜司選手
  • 通称「花園」、『全国高等学校ラグビーフットボール大会』第96回決勝(東福岡 vs 東海大仰星)の様子 Photo by S.IDA

オリコントピックス