• ホーム
  • 芸能
  • 【年間CM起用社数】男性は遠藤憲一が初の首位、女性部門はローラが3年ぶり1位

【年間CM起用社数】男性は遠藤憲一が初の首位、女性部門はローラが3年ぶり1位

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2017タレント番組出演本数ランキング』を発表した。男性部門は、俳優の遠藤憲一が12社で初めて1位を獲得。女性部門は、モデルのローラが15社で2014年以来3年ぶりのCMクイーンの座に返り咲いた。

 男性部門の2位(11社)では、昨年1位だった相葉雅紀と男子プロテニスの錦織圭選手が今年も並んでランクイン。3位(10社)は嵐の二宮和也松本潤、4位(9社)にも嵐の櫻井翔のほかタレントのDAIGO、俳優の西島秀俊山崎賢人。5位(8社)はTOKIOの長瀬智也、GENERATIONSの白濱亜嵐、俳優の斎藤工坂口健太郎濱田岳松坂桃李松重豊という結果なった。

 女性部門では、女優の広瀬すずが14社で2年連続となる2位。3位(11社)は女優の有村架純、4位(10社)は女優の綾瀬はるか上戸彩高畑充希武井咲波瑠吉岡里帆吉田羊の7人。5位(9社)は女優の新垣結衣川口春奈佐々木希本田翼宮崎あおい山本美月、お笑い芸人の渡辺直美の7人が名を連ねた。

■2017年タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
◇男性部門
1位 12社 遠藤憲一
2位 11社 相葉雅紀(嵐)、錦織圭
3位 10社 二宮和也(嵐)松本潤(嵐)
4位 9社 櫻井翔(嵐)、DAIGO、西島秀俊、山崎賢人
5位 8社 斎藤工、坂口健太郎、白濱亜嵐(GENERATIONS)、長瀬智也(TOKIO)、濱田岳、松坂桃李、松重豊

◇女性部門
1位 15社 ローラ
2位 14社 広瀬すず
3位 11社 有村架純
4位 10社 綾瀬はるか、上戸彩、高畑充希、武井咲、波瑠、吉岡里帆、吉田羊
5位 9社 新垣結衣、川口春奈、佐々木希、本田翼、宮崎あおい、山本美月、渡辺直美
6位 8社 石原さとみ北川景子桐谷美玲新川優愛長澤まさみ菜々緒マツコ・デラックス

■過去5年の年間CM起用社数1位
◇男性部門
2016年:相葉雅紀(嵐)/錦織圭(12社)
2015年:相葉雅紀(嵐)(12社)
2014年:櫻井翔(嵐)/松岡修造(11社)
2013年:石川遼(12社)
2012年:石川遼(15社)

◇女性部門
2016年:吉田羊(13社)
2015年:上戸彩(13社)
2014年:ローラ(14社)
2013年:武井咲(17社)
2012年:板野友美/篠田麻里子(20社 共に当時はAKB48)

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2017年1月1日〜11月30日
対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区民放5局地上波オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のドラマコラボCM、本人出演のCD/DVD/ゲーム・楽曲配信・映画CM、楽曲PV内出演、ナレーションのみでの出演などは除く
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2017/1206.html)



オリコントピックス