• ホーム
  • 芸能
  • 佐藤流司 “2.5次元俳優”の心構え語る「いい意味で二人三脚」

佐藤流司 “2.5次元俳優”の心構え語る「いい意味で二人三脚」

 『刀剣乱舞』など“2.5次元”舞台で俳優として活躍する佐藤流司が、12月2日放送の日本テレビ系情報番組『ズームイン!!サタデー』(毎週土曜 前5:30 ※一部地域を除く)内トークコーナー「スナック モッチー」に参加。単独での地上波への出演はこれが初めてとなり、MCの望月理恵扮するスナックのママと自由気ままにトークを展開する。

 2.5次元舞台とは、マンガ、アニメ、ゲームといった2次元の原作を舞台やミュージカル化したもののこと。マンガの世界から飛び出してきたキャラクターを演じる俳優たちは『2.5次元俳優』と呼ばれ、熱烈なファンを増やしている。そのなかでも佐藤の人気は凄まじく主演ミュージカル『刀剣乱舞』は中国公演を含めチケットが即完したほど。

 望月から、その2.5次元俳優の魅力について聞かれた佐藤は「アニメとか漫画とかっていうキャラクターってすごいかっこいいキャラクター、かわいいキャラクターっていっぱいいるじゃないですか、それを自分たちが演じることによって、皆さんに動いている2次元から飛び出してきた3次元のキャラクターを皆さんにお見せできるっていうのが魅力だと思いますね」と解説。

 「2.5次元っていうのは、なんていうんですか。いい意味で二人三脚なので。キャラクターの力も借りて、キャラクターの動き引きだしも借りて、お芝居をするっていう。逆に、自分が3次元としている自分をどれだけ2次元に寄せられるかみたいな」と演じる上での心構えも語っている。

 このほか、バンド「The Brow Beat」 の「Ryuji」として来年1月1日に歌手デビューすることをはじめ、どうしてもやめられないことについて「ペットショップにすごい行っちゃうんですよ」という猫好き”の佐藤の素顔にも迫る。



オリコントピックス