• ホーム
  • 芸能
  • 中村勘九郎&七之助、“兄弟”が仕切るトーク番組 新春1・4放送

中村勘九郎&七之助、“兄弟”が仕切るトーク番組 新春1・4放送

 歌舞伎俳優の中村勘九郎中村七之助の兄弟が、普段から交友のあるゲストと繰り広げるトーク番組『座・中村屋(仮)』が、来年1月4日(後1:45〜3:00)に東海テレビ・フジテレビ系で放送される。

 歌舞伎界の次世代を担う勘九郎、七之助兄弟。収録では、ゲストとさまざまなことをざっくばらんに語り合う中で、歌舞伎の舞台では決して見ることのできない素顔も垣間見る貴重な機会となった。

 ゲストは、藤原竜也大竹しのぶ宮藤官九郎の3人。勘九郎が藤原と、七之助は宮藤と対談。さらに父親、故・中村勘三郎さんのかけがえのない友でもあり、まるで身内のような存在だという大竹とは3人で顔を合わせる。

 勘九郎が藤原との対談の場所に選んだ店は、中村屋にとっても大切な場所のひとつ。そもそも勘九郎と藤原は、2004年の大河ドラマ『新選組!』(NHK)で共演して以来、互いに信頼を寄せる仲だった。出会った頃のエピソードから、演劇人としての熱い想い、ともに師匠を失った時の心情などを素直な言葉で語り合う。『新選組!』出演時は20代前半だったが、すでに10年以上が経ち、2018年、藤原は年男になると言う。若き役者時代の“やんちゃ”な思い出を笑顔で競うように話す勘九郎と藤原。ときおり勘九郎がホストとして、「新春特番ですから」とその場を仕切り直し、演技への向き合い方、最近の歌舞伎界、演劇界を見て思うことなどを語り合う。

 大竹とのトークでは、中村兄弟はホストとしてやや緊張の面持ち。一方、大竹は「ふたりが進行役なんて大丈夫? ちゃんとやってね」と軽くジャブを繰り出す。大竹は、普段の中村兄弟の様子をあれこれ語り始め、勘九郎を本名から“雅ちゃん”、七之助を本名から“隆ちゃん”と呼び、ふたりの母親や、勘九郎の妻子を交えた、中村家の日常のエピソードを披露する。中村家がとても大切な存在にしている、ある生き物にまつわるエピソード、故・勘三郎さんを偲ぶ秘話も語られる。大竹は「まるで中村家のリビングで話しているみたい」と話もまた尽きない様子だった。

 七之助は、中村家ひいきの店に宮藤を招待。収録前日、七之助は「話しベタな僕がホスト役で大丈夫かな?」と語っていたが、対談は亡き勘三郎さんの話で大いに盛り上がった。息子から見て、いかに勘三郎さんが厳しい人だったのか。七之助が語る驚きのエピソードの数々に宮藤も「そんな父親が待っている家に帰りたくない」と笑顔で思わず一言。また、七之助はこの場に“飛び道具”を用意しており、宮藤は驚くやら、恥ずかしがるやら、サプライズは大成功。おいしいお酒にほろ酔い気味のふたりが、ざっくばらんに笑いあふれるトークを聞かせてくれる。

 勘九郎は「そもそも、僕らがホストの対談番組が放送できるなんて、と驚いています。大竹さんや竜也くん、さらに宮藤さんをお迎えして、普通のトーク番組ならカットされがちな話がオンエアされることでしょう (笑)。皆さん、普段から親しくしているからこそ聞き出せる、魅力ある話ばかりです。反面、竜也くんとはただただお酒を飲むばかりでした。かなりマニアックな話もしたので、もしかしたら視聴者の皆様には不親切な番組かもしれませんがお許しください(笑)」とコメント。

 七之助は「僕たちもあまりトーク番組に慣れていないので、ゲストの皆さんと自分たちの間で通じていることをあまり説明せず話を進めてしまいました。視聴者の皆さまには、僕らの楽しい雰囲気をぜひ“感じて”いただきたいと思います (笑)。テレビの前で兄弟そろって話をするのはそうないことですし、大竹さんからは父の恋愛観など初めて聞く話もあり、非常に良い機会となりました。兄と藤原さんの対談はかなりめちゃくちゃだったとか(笑)。宮藤さんとは真面目なトークをお届けしたいと思います」と番組をアピールしている。



関連写真

  • 歌舞伎俳優の中村勘九郎(中央)と中村七之助(左)の兄弟でトーク番組『座・中村屋(仮)』2018年1月4日、フジテレビ系で放送。ゲストは大竹しのぶ(右)ほか(C)東海テレビ
  • 藤原竜也(左)×中村勘九郎(C)東海テレビ
  • 宮藤官九郎(右)×中村七之助(C)東海テレビ

オリコントピックス