• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ガキ使『笑ってはいけない』番組HPで“前哨戦” 「アウト〜」役の藤原氏に“ケツバット”

ガキ使『笑ってはいけない』番組HPで“前哨戦” 「アウト〜」役の藤原氏に“ケツバット”

 ダウンタウン月亭方正ココリコらが出演する年末恒例の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』。今年は『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』と題して、12月31日の午後6時半から年をまたいだ深夜0時30分まで約6時間にわたって放送されるが、“罰ゲーム”の進行役であるダウンタウンの元マネージャー・藤原寛氏による見どころ解説動画が、17日正午より番組ホームページで公開された。

 普段は、出演者が笑ってしまうと「〇〇(タレント名)アウト〜」とのかけ声でキツ〜いおしおきを実行させる側の藤原氏だが、動画内では今回の特番用と思われる衣装で登場。これまでの歴史を振り返りながら、今回の番組の魅力をアピールしていたが、途中で思わず笑みをこぼしてしまう。ここで「※藤原は笑いましたが、そのまま告知をお楽しみください」との不気味なテロップが。

 その後、おなじみの効果音とともに「藤原、アウト〜」の声が流れると、おしおき役がおもむろに登場し、藤原氏にまさかのケツバット。現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの代表取締役社長という地位にある藤原氏だが、本人いわく初めてのケツバットをくらってしまい「痛った! そんなんあると思わへんかった…」と思わず本音を漏らしていた。

 今回のテーマは「アメリカンポリス」。新人アメリカンポリスに扮した5人が、大物俳優が扮する署長との対面や訓練をはじめ、さまざまな研修を実施。これまでの“笑ってはいけないシリーズ”の実績を生かしつつ、新たな面白さが加わりスケールも拡大。豪華ゲスト扮する笑いの刺客たちが仕掛けるさまざまなトラップに挑む。

 年末恒例の風物詩の前哨戦となる、藤原氏の勇姿は番組ホームページ(http://www.ntv.co.jp/gaki/)で公開されている。

関連写真

  • 笑いの刺客たちに挑むダウンタウンらレギュラー陣=『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』
  • おなじみのラッピングバスの登場=『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』

オリコントピックス