新曲が前作超え、注目の声優・斉藤壮馬

 斉藤壮馬が、9月度に0.5億円を売り上げ、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が発表する「Anime Power Ranking(9月度)」の「声優セールス・パワーランキング」で5位にランクインした。

 斉藤は6月7日にシングル「フィッシュストーリー」でアーティストデビュー。9月6日に発売した2ndシングル「夜明けはまだ/ヒカリ断ツ雨」は、前作を上回る初動2.0万枚を売り上げ、9/18付で「シングルランキング」7位に初登場。現在(10/30付)、累積売上2.5万枚までセールスを伸ばしている。

 これまで、『ハイキュー!!』や『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、『キノの旅 -the Beautiful World-theAnimated Series』などに出演するほか、『アイドリッシュセブン』、『刀剣乱舞』、『あんさんぶるスターズ!』といった人気ゲームにも出演。数々のアニメや声優関連の専門誌で表紙を飾るなど活動の幅を広げており、今後もさらなるファンの増加が期待できる。

 なお、「Anime Power Ranking(9月度)」の調査期間は、9/18付〜10/9付。「声優セールス・パワーランキング」は、月間のアーティスト・トータル・セールスを集計したもの。

(『コンフィデンス』 17年11月6日号掲載)



関連写真

  • 斉藤壮馬のシングル「夜明けはまだ/ヒカリ断ツ雨」ジャケット写真
  • 「Anime Power Ranking(9月度)」の「声優セールス・パワーランキング」TOP10

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年2月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年2月19日号

<COVER STORY>
BoA(アーティスト)
今はボーダレスな時代だからこそ国ごとにスタイルを変えても意味がない

<SPECIAL ISSUE 1>
激動の2017年映画シーンから学ぶヒット創出のヒント
“想定外”の成功と失敗をひも解く

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽、映像、書籍月間マーケットレポート 18年1月度

お問い合わせ

オリコントピックス