• ホーム
  • 芸能
  • 働くママに密着 日本と海外のいいとこ取りをした「考え方」改革とは?

働くママに密着 日本と海外のいいとこ取りをした「考え方」改革とは?

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00〜11:30)。7日放送分では、低価格とファッション性で人気を集めるスウェーデン発のアパレルブランド「H&M」のPRマネージャー・室井麻希さん(37)に密着する。

【写真】その他の写真を見る


 世界68の国と地域で約4500店を展開するファストファッションブランド「H&M」。日本での広報活動はすべて室井さんのチームが担っている。ファッションの最前線で多忙な日々を送りながら、母親として2歳の息子と向き合い、仕事と子育ての両立に奮闘する日常にカメラが密着する。

 中学生の頃から英語が得意だった室井さんは、海外で働くことを夢見て国際基督教大学に入学するが、英語のクラスで1番下のランクになってしまいショックを受ける。しかし、これをきっかけに、交渉力やプレゼンテーション力の重要性に気付けたといい、外資系の広告代理店に就職。戦略プランニングを担当するなど活躍した。その後、下着ブランドのピーチジョンに転職。マーケティングPRマネージャーとして活躍していたところ、H&Mからヘッドハンティングされた。

 イベント、雑誌撮影、プレスリリースの作成、海外出張など、PRマネージャーとして半年先まで仕事の予定が埋まってしまう彼女には、モデルの夫と2歳半の息子がいる。今では仕事と子育てをうまく両立させているが、復職直後は日本で昔から言い伝えられている「3歳児神話」に縛られ、会社、同僚、家族、子どもへの「罪悪感にさいなまれる日々」だったそう。それを乗り越える、日本と海外のいいとこ取りをした「考え方」改革とは? 夫や息子との時間を確保するためにしている工夫や、一見華やかに見える仕事場で部下たちに見せる意外な気遣いなど、働くママのセブンルールに迫る。



関連写真

  • 11月7日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ファストファッションブランド「H&M」PRマネージャーの室井真希さんに密着(C)関西テレビ
  • 世界中を飛び回りファッションの最前線で働きながら…(C)関西テレビ
  • 2歳児の子育てにも奮闘する日々(C)関西テレビ
  • 11月7日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ファストファッションブランド「H&M」PRマネージャーの室井真希さんに密着(C)関西テレビ
  • 11月7日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ファストファッションブランド「H&M」PRマネージャーの室井真希さんに密着(C)関西テレビ
  • 11月7日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ファストファッションブランド「H&M」PRマネージャーの室井真希さんに密着(C)関西テレビ
  • 11月7日放送、関西テレビ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』ファストファッションブランド「H&M」PRマネージャーの室井真希さんに密着(C)関西テレビ