• ホーム
  • 芸能
  • 森川智之・朴ロ美、映画『ムーミン』で七色の声披露

森川智之・朴ロ美、映画『ムーミン』で七色の声披露

 1945年にフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによって原作小説が発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。その最新作となるパペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)で、声優の森川智之朴ロ美がさまざまなキャラクターの声を担当していることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 森川は、ディズニー・アニメーション映画『ズートピア』のニック・ワイルドの吹き替えや、洋画の吹き替えではトム・クルーズユアン・マクレガーキアヌ・リーブスなどを担当。本作では 「ムーミンパパ」、「スナフキン」、「ヘムレン」、「郵便配達員」、「めそめそ」の5役を演じた。

 2007年『第一回声優アワード』主演女優賞受賞し、アニメ『鋼の錬金術師』の主人公エドワード・エルリックや『進撃の巨人』ハンジ・ゾエほか、洋画・海外ドラマの吹き替えも多数、舞台女優としても活躍する朴は、なんと13役。「ムーミンママ」、「リトルミイ」、「リス」、「ミムラねえさん」、「ガフサ夫人」、「フィリフヨンカ」、「ニブリング」、「おしゃまさん」、「茶髪ホムサ」、「金髪ホムサ」「ホムサ祖母」、「サロメ」、「リトル・ウッディ」を変幻自在の声で表現する。

 11月14日に東京・丸の内TOEIで開催されるジャパンプレミアには、主人公のムーミントロールを演じた宮沢りえ、主題歌を歌うサラ・オレインに加え、森川、朴も登壇する予定。

 物語のはじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつくが、好奇心いっぱいのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけていく。そこで知ったのは、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。“クリスマスさん”って誰? どんな人? ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそうと大騒ぎ! やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜。ムーミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語。ナレーションは女優・声優の神田沙也加が担当する。

■公式サイト
www.moominswonderland.jp



関連写真

  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)に声の出演。森川智之、朴ロ美の2人で18のキャラクターを担当
  • ムーミンパパ(CV:森川智之)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • ムーミンママ(CV:朴ロ美)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)ヘムレン(CV:森川智之)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)めそめそ(CV:森川智之)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)リトルミィ(CV:朴ロ美)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)フィリフヨンカ(CV:朴ロ美)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM
  • パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(12月2日公開)おしゃまさん(CV:朴ロ美)(C)Filmkompaniet / Animoon  Moomin Characters TM

オリコントピックス