• ホーム
  • 芸能
  • 鹿賀丈史、離婚後の心境語る「独りで気楽かな」

鹿賀丈史、離婚後の心境語る「独りで気楽かな」

 俳優の鹿賀丈史市村正親が10月31日、都内で行われたミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』の10thアニバーサリー・パーティーを開催。先月、写真週刊誌で一般女性との離婚と新恋人との密会が報じられていた鹿賀は現在の心境を明かし「独りで気楽かな」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 2008年に同作で共演し、男性同士の夫婦役は今回で4度目。鹿賀は「我々が夫婦になりまして10年が経ちました。きょうは、なぜか女房の方にヒゲが生えてますけど」と笑わせ、市村も「いい旦那を得たなと思います」と、ニヤリとした。さらに「今回はヒゲも生やしてハードゲイで行こうかな」とノリノリ。さらに「できる限り。“排除”されるまではやる」と市村がボケながら意気込むと、鹿賀が「やめなさいよ!」とツッコむなど10年目も息ピッタリだった。

 また、家族愛がテーマ。プライベートで一般女性と離婚が明らかになったばかり。報道陣から問われると鹿賀は「家族っていうのは非常に大事なもの。家族のために頑張るって、おっしゃる方もいる。僕の場合は離婚したりがあったもんですから。そういう意味では独りで気楽かな。そういう気持ちですね、今は」と心境を明かした。続けて「考える時間を多く持てる」と現状について語った。

 同作は南仏・サントロペのゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のオーナー・ジョルジュ(鹿賀)と看板スターの“ザザ”ことアルバン(市村)は20年間同棲し、事実上の夫婦として生活。ジョルジュの24年前の過ち(?)で生まれた一人息子への愛情と男2人の夫婦愛をコミカルに描く。2018年3月9日から31日まで東京・有楽町の日生劇場で上演。その後、福岡、静岡、大阪で公演を行う。鹿賀は「初めて見るミュージカルにはピッタリ」と話した。

 この日は会見を六本木のエンターテイメントレストラン・金魚で開催。ニューハーフダンサーに囲まれながら2人は登場した。



関連写真

  • 離婚後の心境を語った鹿賀丈史(C)ORICON NewS inc.
  • 色っぽい金魚ダンサーに囲まれた(中央左から)鹿賀丈史、市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 艶っぽいダンスを披露した金魚ダンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 離婚後の心境を語った鹿賀丈史 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』の10thアニバーサリー・パーティーに出席した市村正親 (C)ORICON NewS inc.
  • 豪華な衣装の金魚ダンサー=ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』の10thアニバーサリー・パーティー (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』の10thアニバーサリー・パーティーの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』の10thアニバーサリー・パーティーに出席した(左から)鹿賀丈史、市村正親 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス