• ホーム
  • 芸能
  • 大河ドラマで人気急上昇中の俳優・矢本悠馬、原動力はイケメン俳優への嫉妬?

大河ドラマで人気急上昇中の俳優・矢本悠馬、原動力はイケメン俳優への嫉妬?

 現在放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)で柴咲コウ演じる直虎の家臣・中野直之を演じ注目を集めている俳優・矢本悠馬。そんな彼の最新作が、太賀中村蒼と共に父の愛車セルシオでぶっ飛んだ旅を続けるロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』だ。本作を含め今年は3本の映画に出演している矢本が、自身の芝居への原動力などについて語った。

 矢本は現在27歳だが、そのあどけないルックスをいかし、ドラマ『仰げば尊し』(TBS系)や映画『君の膵臓をたべたい』などで高校生役を演じている。本作でも高校3年生のジャンボに扮しているが、主演を務める太賀は、矢本について「華がある」とその独特の華やかさを評価する。

 矢本自身は「そんなことないですよ」と照れ笑いを浮かべていたが、「欲まみれの俳優ですからね」とつぶやく。なかなか印象に残る発言だが「まあ、あまり言葉にしませんが、イケメンへの嫉妬とでも言いましょうか……」と笑顔を見せる。続けて「作品のなかで、爪痕を残したいというか、願わくは『このシーンは俺が食ってやるぞ』みたいな思いはありますね。性格悪いですよね」とはにかむ。

 とは言いつつ、本作で演じたジャンボは、仲間思いの面を持つ心優しい少年で、エキセントリックなシーンが続くなか、バランスをとる演技で作品に緩やかさをもたらしている。「欲まみれ」という言葉とは正反対の作品へのフィット感だ。

 これまでは同世代や年齢が下の世代の俳優との共演が多かったという矢本だが、現在放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、ベテラン俳優たちのなか、強い存在感を示している。特に柴咲と対峙するシーンでは見どころ満載だ。「柴咲さんのこと昔からずっと好きだったので、大河ドラマ出演というより、柴咲さんの前で下手くそな芝居をして嫌われたくないという緊張感の方がすごかったです」とぶっちゃけるが、なかなか堂々と家臣を演じ、好評を得ている。

 ドラマ、映画と出演作が続いているが「自分が役者として今後どう作品を積み重ねていったらいいか焦っている時期があった」と打ち明けた矢本。そんななか、劇中、太賀演じる又八が言う「何かを決めるのに遅すぎるも早すぎるもない」というセリフには大きな共感を覚えたという。その理由を「まだ自分が何者かになろうと決めるのは、早いのかなと思ったり、かといってボーっとしていたら手遅れになってしまうのかなと考えてしまっているとき、この言葉は心に入ってきました。役者をやっていくなかで、響きましたね」と語る。

 「僕は太賀が大好きなので、彼の主演映画の脇を支えられることがめっちゃうれしかった」と語った矢本。「欲まみれの俳優」と自身が言うものの、こうした発言に、共演者や作品を愛している彼の本質が垣間見えたような気がする。(取材・文:磯部正和)

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス