• ホーム
  • 芸能
  • 小泉孝太郎、巨大外来種捕獲に参戦 『池の水ぜんぶ抜く』第5弾

小泉孝太郎、巨大外来種捕獲に参戦 『池の水ぜんぶ抜く』第5弾

 社会現象を引き起こしたテレビ東京の人気企画『緊急SOS! 史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!? 池の水ぜんぶ抜く大作戦5』が、11月26日(後7:54〜9:54)に放送される。今回、参戦するのは俳優の小泉孝太郎。これまで伊集院光芦田愛菜がそうだったように、小泉もまた自ら志願。「何だこのワクワク感?っていうのも今まで感じたことがなかったです」と、ノリノリだった。

【写真】その他の写真を見る


 7月期に放送された同局系ドラマ『警視庁ゼロ係』で主演を務めた小泉。ドラマスタッフから「小泉孝太郎さんが池の水、抜いてみたいって言ってるらしい」とタレコミがあり、番組スタッフが所属事務所に確認すると、「本当です。本人が池の水抜いてみたいと言っています」と、今回の出演が実現した。

 小泉は、面積10ヘクタール、水量およそ20万トンの番組史上最大の池の水抜きに挑戦。その池は、大阪府枚方市にある公園の山田池で、「カモの雛などを襲って食べるライギョなど外来種を駆除してほしい!」と、公園管理事務所から依頼された。

 小泉は「十数年前にスキューバダイビングの免許とったんですが、その時ももちろん魚を見たり、海の中が気になったりしましたけど、一番興味あったのが海底の地形でした。普段は上から見て海面しかわからないところが潜ったらわかるじゃないですか。だから、それに通じるなと思って。普段は池とか、どんな生物がいるとかわからない。でも水を抜いたらどんな地形かもわかるし、どんな生物がいるのかも見えてくる。そこのワクワク感を久々に感じました。とんでもないお宝が出て来たら面白い、そのぐらいの気持ちでいます」と、意気揚々とロケに臨んでいた。

 池が広大なため、地引網を使って生物を一網打尽にする作戦を決行。養魚業者に協力をあおぎ、網を張って地元の人たちも一緒に引っ張る。さらに捕獲したライギョを解剖し、何を食べているのかを調査。胃袋から何が出てきたのか。

 今年1月の1回目から、1年経たないうちに第5弾が放送されるハイペース。前回9月3日放送では、視聴率11.8%を記録し、大反響を呼んだ。番組の伊藤隆行プロデューサーは「私、ようやくわかりました。池の水をぜんぶ抜くと、“想定外”しか出て来ません。今回は小泉孝太郎さんが“ありえない光景”に遭遇します。今年に入り合計17の池を抜きました。今回で早くも第5弾。予期せぬアレと、奇跡のアレが出てきました。この番組はドキュメントバラエティーです。起きてしまった事はそのまま放送します。テレビの前で、私たちスタッフと一緒にひっくり返ってください」と、自信たっぷりにコメントしている。

 ほかに、お笑いコンビ・ココリコ田中直樹が、神奈川県横須賀市の「光の丘水辺公園の四季の池」の水を抜く。出てきたのは、野生化した謎の珍獣?



関連写真

  • 11月26日放送、テレビ東京系『緊急SOS! 史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!? 池の水ぜんぶ抜く大作戦5』俳優の小泉孝太郎が池の水抜きに挑戦。とても楽しそうです(C)テレビ東京
  • ライギョなど外来種を駆除(C)テレビ東京
  • 池が広大なため、地引網を使って生物を一網打尽にする作戦(C)テレビ東京
  • 11月26日放送、テレビ東京系『緊急SOS! 史上最大の池に異常発生!怪物10000匹!? 池の水ぜんぶ抜く大作戦5』田中直樹(ココリコ)は神奈川県横須賀市へ(C)テレビ東京

オリコントピックス