• ホーム
  • 芸能
  • ウィル・スミス、主演映画『ブライト』は「斬新」

ウィル・スミス、主演映画『ブライト』は「斬新」

 米俳優ウィル・スミスが主演するNetflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時配信)。ジャンルを問わず出演作がメガヒットを放つウィルが、本作で挑んだのは一風変わったポリスアクション。「僕はこの作品の“斬新さ”が大好きなんだ!」と、自信たっぷりに語っている。

 物語の舞台からして斬新だ。人間とさまざまな種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルス。異なる種族の警察官、人間のウォード(ウィル)と怪物オークのジャコビー(ジョエル・エドガートン)が、巡回中の夜に起きた事件で、謎の少女と“魔法の杖”(マジック・ワンド)に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていく。種族間の衝突を乗り越え、正体不明の敵や謎の生物たちと戦いながら、ウォードたちは事件の全貌に迫っていく。

 ウィルだけでなく、相棒のジョエルも同映画の魅力は“斬新な設定”にあると指摘する。さらにウィルは「この作品は、『トレーニング・デイ』のようにとてもリアルでハードでありながら、『ロード・オブ・ザ・リング』のような要素も併せ持つんだよ」と、ファンタジー要素があることをアピールする。

 ジョエルも「それにどこか『第9地区』みたいな要素もあるね。映画の中では、オークやエルフたちと人間が当たり前のように一緒にいるんだ。とても自然な形でね」と加勢し、「これは間違いなくバディムービーでもある」と、きっぱり。

 ウィルも「『48時間』のような雰囲気があるんだよ。あの映画はニック・ノルティとエディ・マフィーのバディムービーだけど、そこには人種間の問題を乗り越えてゆくという要素もあった。とても通じるものが『ブライト』にはあるし、この作品のいい部分だね」と話している。

 監督は、『スーサイド・スクワッド』『フューリー』のデヴィッド・エアー。公開された新たな画像と予告には、壮絶なカーチェイスと銃撃戦を繰り広げながら、謎の少女と魔法の杖を守り通そうとするウォードとジャコビーの姿が映し出されている。数々の大ヒット映画の要素を持ち合わせつつも、ファンタジーとハードなアクションが絶妙にマッチした斬新な世界、全く新しいジャンルを生み出したと言っても過言ではないだろう。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時配信)新たに公開された場面写真
  • Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時配信)新たに公開された場面写真
  • Netflixオリジナル映画『ブライト』(12月22日より世界同時配信)新たに公開された場面写真

オリコントピックス