• ホーム
  • 芸能
  • 【香取慎吾インタビュー】ネットでの応援に感謝「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています!」

【香取慎吾インタビュー】ネットでの応援に感謝「本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています!」

 稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が共演するインターネットテレビ局・AbemaTVの72時間ぶっ通し生放送『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』が、11月2日の午後9時から放送される。未開のジャンルへ踏み出す香取に、率直な心境を打ち明けてもらった。

【写真】その他の写真を見る


■懸念事項は「吾郎ちゃんとつよポンのNGをスタッフさんに伝えること」

――番組でやってみたいことは?

「最近、毎日誰かに『72時間ずっと起きてるんですか?』って聞かれるんですけど、全然寝ちゃうので、寝ているところを普通に映してほしいです。放送中でも下手したら8時間くらい寝ちゃうかもしれないけど(笑)」

――72時間という長時間の生放送は楽しみ? 不安?

「すごく楽しみ。僕はテレビの中で生きてきたので、2日でも3日でも映ってても“何でもあり”で普通にいられると思います。24時間くらい起きるのは普段からやっているし。だから今の僕の懸念事項は、吾郎ちゃんとつよポンのNGな部分をスタッフさんに伝えること。吾郎ちゃんがキレイに映るようにしなきゃいけないし、つよポンの暴走を防がなきゃいけないし(笑)。新しいスタッフの方もいっぱいいるので、イチから伝えています」

――ゲストには盟友・キャイ〜ンさんが決定しました

「そのニュースをスマホで見てた時、ちょうどウドちゃんからメールが来たんです。いつもみたいに長い文章で『この度はAbemaTVに呼んでいただき、ありがたき幸せ…』みたいな(笑)。ニュースになってる人からメールが来たから、ミーハー的に喜んじゃいました。ゲストが決まるたびに『この人が来てくれるなら何をやろう』って頭がどんどん働いていきますね」

――3人で番組に向けた話し合いをしている?

「数日前に食事に行ったけど、つよポンが愛犬のくるみを連れてきまして、吾郎ちゃんが思い切り腕をかまれて『痛い痛い』って、終始そんな感じで話し合いにならなかったです(笑)。でも、つよポンが珍しく熱くなってましたね。だからこそ怖いので、そこをセーブしていかないと(笑)」

――改めて感じた2人の好きなところ、スゴいと思うところ“ホンネ”で教えてください。

「草なぎ剛は、ここぞという時を逃さずにスイッチが入るところが好きですね。僕は迷いが少ないタイプだけど、最後の決断の直前にいろんな可能性を考えちゃうこともある。そんな時に『行こうぜ!』って勢いをつけてくれるので、『じゃあやってみよう!』って決断ができる。その一言が僕にとってはけっこう大事ですね。吾郎ちゃんは、『今は大事なタイミングだろう!』っていう時でも一切連絡してこない、その感じが好き(笑)。かっこよく言えば、『そんなに言わなくても』っていう空気なんですよね。でも、こんな時ぐらいは連絡してくれてもいいのにっていう、その感じが好き。この前の食事の帰りに『吾郎ちゃん、身長大きくなった?カッコよくなったね』って言ったら、『ああ、そう』って感じだったけど、すごくうれしそうでした(笑)」

――「新しい地図」の反響も大きいです。

「ゼロから始まったばかりなのに、力を貸してくださる方や笑顔で迎えてくれる方が思っていた以上に多くて、スタート直後だけど皆さんに感謝の気持ちを返していかなきゃ、という思いです。この番組にも新しい地図にも、僕がビックリするようなとんでもない才能のスタッフの方々が“ウルトラマン大集合”みたいに勢ぞろいしてくれて。こんなに集まったところを僕も見たことがなかったから、夢のようですよ。その頭脳がみんなで打ち合わせをしているから、スゴいことになっちゃったな、という心境です」

■ネット上の声は「みんなすごく応援してくれているから、すっごい力になってます!」

――番組に合わせてSNSも開始します。これまで“パーフェクトビジネスアイドル”として活動してきましたが、どのような展開を考えていますか?

「3人の中ではSNSに一番詳しいと思うけど、今の知識じゃ完璧じゃないから、ちょっと考えています。個人的に始めるなら突き詰めるけど、番組の企画としてスタートするから勉強しすぎるのも違うかな、とか思案しちゃうのが僕のパーフェクトなところですよね(笑)。今までネットに対してすごく気を使ってきて、いきなり自由になったと言われても、最低限のルールは知っておきたい。SNSの勉強会にも参加して、インスタグラムでは『プライベートを垣間見させてください』とかアドバイスされたり、人気のある人の写真を見たりしました」

――ファンとダイレクトにコミュニケーションが取れるのもSNSの魅力ですが、誰に返事するかなど、難しい部分も多いです。

「それ、さしこ(指原莉乃)が前に言ってました。返事する1人を選ぶのが難しいからみんなとやり取りしたい、でも全員に返事をしていたら他の仕事ができないくらい忙しくなっちゃう。1週間に1人って決めるにしても、その1人をどうやって選べばいいのか…。未体験なので怖さもありますね。でも、それ以上に新しいことを始められる楽しみが大きい! どんなことをやろうって純粋に楽しみたい気持ちが強いですね」

――稲垣さんはブロガー、草なぎさんはYouTuberとなります。

「吾郎ちゃんは、キレイな言葉が普通の会話にも入ってくるような人なので、文章で読めるのがうれしい。YouTuber草なぎも、心配だけどすっごく楽しみ。全然知らなかったはずなのに、最近はすごく勉強しているみたいで、それが怖いんですけどね(笑)。YouTuberについて熱く語っている感じがイイです!」

――エゴサーチはしますか?

「たまにやります。みんなすごく応援してくれているから、すっごい力になって『よし、頑張ろう!』って思えます。たまに批判的な意見もあるけど、100人いれば100人がいいよって言ってくれるわけじゃないし、30年の芸能活動でいろんな批判もいっぱい浴びてきたので(笑)。ネガティブな意見も『批判ポイントはそこなんだ』って参考になるし、受け止めています。番組の感想もたまに見るし、見ようとしなくても目に入っちゃう時もあるけど、本当に頑張れる言葉を寄せてくださるので、力になっています」

――新しいスタートになりますが、香取さんの意識は変化した?

「もっと遊びたいというか、楽しみたい。クリエイティブなことは頭でじっくりと詰めて考えながら作ってきたけど、しかめっ面じゃなく笑顔で『くだらないね』とか『カッコいいからやってみようよ』って言いながら、みんなで楽しんで仕事をやっていけたらな、と思っています」



関連写真

  • AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦する(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾 (C)AbemaTV
  • AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦(C)AbemaTV
  • 草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾がAbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦(C)AbemaTV
  • AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦する(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾 (C)AbemaTV
  • AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦する(左から)草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾 (C)AbemaTV
  • AbemaTV『72時間ホンネテレビ』に挑戦する(左から)稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛 (C)AbemaTV

オリコントピックス