• ホーム
  • 芸能
  • 両足骨折の山瀬まみ、ラジオで1ヶ月ぶり復帰 退院を生報告「お久しぶりです」

両足骨折の山瀬まみ、ラジオで1ヶ月ぶり復帰 退院を生報告「お久しぶりです」

 9月21日に両足を骨折し入院していたタレントの山瀬まみ(48)がきょう20日、レギュラーを務めるTBSラジオ『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』(毎週金曜 前8:30)に生出演し、1ヶ月ぶりに仕事復帰。「お久しぶりです。ご心配をおかけしました!」と自ら退院を報告し、元気な声を届けた。

 番組冒頭、リスナーから復帰を喜ぶ声が紹介されると「ただいまです。ありがとうございます」としみじみ。入院中も番組を聞いていたと語り「リスナーの皆さんのメッセージが心に染みました」と感謝を伝えた。

 1ヶ月も長い間休むのは30年以上の芸能生活で初めてだったと話し、パートナーの有馬には「ちょっと太っちゃったでしょ? ちょっとデカいおむすびみたいな顔になっちゃったでしょ?」と迫り、いつもの笑い声を響かせた。

 スタジオでの様子については「車いすに乗ってる分、(2人の)座席が離れてる」と明かし、“完全復活”にはもう少しかかりそうだ。2日前に退院したが、「家の段差を一段越えるのがこんなに大変なんだな」と車いすになって気づかされたといい「今後の人生において経験としてありだったのかな」と前向きにとらえていた。

 山瀬はレギュラーを務める日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』(毎週土曜 後7:00)の収録前にスタジオセット裏で転倒し、右膝蓋骨、左第5中足骨骨折と診断された。当初は、自宅療養を予定していたが、両足を骨折しているため、治療および日常生活に困難をきたし9月22日より入院。

 アンジャッシュ渡部建とMCを務める予定だった10月16日放送のTBS系のバラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』では、VTR出演で「もしかしたら次回の収録は行けるかもしれない」と早期の復帰に意欲をみせていた。



オリコントピックス