• ホーム
  • 映画
  • 若き日のハン・ソロの物語、ツイッターでタイトル発表『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

若き日のハン・ソロの物語、ツイッターでタイトル発表『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

 「スター・ウォーズ」シリーズで、ハリウッド俳優のハリソン・フォードが演じ、屈指の人気キャラクターとなったハン・ソロの若き日の冒険を描く新作映画のタイトルが『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(原題)』(2018年公開)に決定した。監督を務めるロン・ハワード本人がツイッターでサプライズ発表した。

 ツイッターには、ハン・ソロの唯一無二の相棒、チューバッカがロン監督に作品タイトルが書かれたボードを渡すという楽しい演出の動画がアップされ、監督は本作の撮影が無事にクランクアップしたことを報告。キャスト、スタッフへの心からの感謝を述べ、「来年、お会いしましょう!」と、メッセージを送っている。

 シリーズの原点、1977年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に初登場し、銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る密輸業者から、反乱軍で天性のリーダーとして開花したヒーロー、ハン・ソロ。本作では、ルーク・スカイウォーカーたちと出会う前の知られざるハン・ソロの物語が描かれる。若き日のハン・ソロは、コーエン兄弟の『ヘイル・シーザー!』で注目を集めたオールデン・エーレンライクが演じる。

 ロン監督は、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を受賞。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でも監督をオファーされていたハリウッドの重鎮が描くスター・ウォーズの世界に期待せずにはいられない。



オリコントピックス