• ホーム
  • 芸能
  • 瑛太、安藤サクラに“役者割”で鑑賞呼びかける「観に来い」

瑛太、安藤サクラに“役者割”で鑑賞呼びかける「観に来い」

 俳優の瑛太が14日、都内で行われた映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに出席した。売れない役者を中心とした“(自称)役者割引”キャンペーンを実施している同作。瑛太は、メガホンをとった武正晴監督の前作『百円の恋』の主演女優・安藤サクラへ向けて「僕自身は『百円の恋』を『リングサイド・ストーリー』が超えたと思います。安藤サクラ、この映画を役者割で観に来い」と呼びかけた。

【写真】その他の写真を見る


 冒頭から、「命がけで演じました」とあいさつし、同作への思い入れの強さを伝えた瑛太。売れない役者に扮し、自身も「仕事が来ないときがあって、そのときに100円ショップでキャベツだけ買って食べていた時期があったり、その頃を思い出しながら共感できた」と、しみじみ。「劇中で『俳優は人に非ずって書くんだよ』って言っています。今回演じてみて、思いっきり崖から飛び降りる覚悟で生きていく勇気、覚悟みたいなものを感じて、原点回帰できた」と語った。

 同作は、無名の役者と、彼を養うためプロレス団体で働く彼女の物語を描く。佐藤江梨子と瑛太がW主演し、プロレスラーの黒潮“イケメン”二郎、K-1の武尊らも出演。瑛太は、イケメンらに向けて「皆さん自然お芝居で、イケメンさんは二度見がすごく上手」と絶賛し、「武尊さんはせりふの吐き方が最高。芝居がすてき過ぎてイライラしましたし、嫉妬しました」と褒め殺しするも、武尊は「ハードルが上がってつらい」と苦笑していた。



関連写真

  • 映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに登壇した瑛太 (C)ORICON NewS inc.
  • ダブル主演の佐藤江梨子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)武正晴監督、黒潮“イケメン”二郎、佐藤江梨子、瑛太、武尊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに登壇した瑛太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに登壇した武尊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに登壇した黒潮“イケメン”二郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『リングサイド・ストーリー』初日舞台あいさつに登壇した武正晴監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス