• ホーム
  • 芸能
  • 『サワコの朝』10・14に放送300回 ゲストは親友・檀ふみ

『サワコの朝』10・14に放送300回 ゲストは親友・檀ふみ

 タレントの阿川佐和子が聞き手となり音楽をテーマにトークを繰り広げるMBS・TBS系『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30〜8:00)が、今月14日に放送300回を達成する。これを記念して、7日(299回)と2週連続で、阿川の30年来の親友、女優の檀ふみを初めてゲストに招き、仲良し本音トークで快挙を祝う。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、2011年10月1日に放送スタート。これまで、芸能・スポーツ・文化・アートなど、幅広いジャンルのゲストを迎え、時に笑い、時に涙しながら、密度の濃い話を届けてきた。なお、ゲストが2週連続で登場するのは番組史上初となる。

 7日放送の「300回特別企画スペシャル対談」前編。東映京都撮影所の所長を務めた叔父をもつ檀は、そこで東映のプロデューサーに偶然声をかけられたことがきっかけで映画の世界へ。高倉健主演映画『昭和残侠伝 破れ傘』(1972年)でデビューし、その後NHKのクイズ番組『連想ゲーム』やテレビドラマ『天皇の料理番』(80年)などに出演、幅広い分野で活躍している。

 そんな檀は、20代後半のときに同じ番組でリポーターをしていた阿川と出会った。ともに慶応大学の出身で“作家の娘”だった2人はすぐに意気投合し、今日まで親睦を深めてきた。お互いのことを知り尽くす2人が、今だから語れるお互いの第一印象などを、出会いのきっかけとなった番組での“若かりし頃”の貴重映像と共に思い出を辿る。

 「記憶の中で今もきらめく1曲」は、映画『サウンド・オブ・ミュージック』(65年)の「もうすぐ17歳」。阿川と共に仕事でロンドンに行ったときの思い出が詰まっているというこの曲と当時を振り返る。

 14日の後編は、阿川の“結婚”の話に檀が斬り込む。さらに、同局の新ドラマ『陸王』(15日スタート、毎週日曜 後9:00)でTBSの連続ドラマに26年ぶりに出演する檀は、ドラマ出演にあたり、ひっくり返るほどビックリしたことがあったとか。その答えとなる新ドラマの(秘)シーンを公開する。



関連写真

  • MBS・TBS系『サワコの朝』が10月14日に放送300回。7日・14日の2週連続で檀ふみがゲスト出演(C)MBS
  • 檀ふみ(C)MBS
  • ホストの阿川佐和子(C)MBS
  • MBS・TBS系『サワコの朝』が10月14日に放送300回。7日・14日の2週連続で檀ふみがゲスト出演(C)MBS
  • MBS・TBS系『サワコの朝』が10月14日に放送300回。7日・14日の2週連続で檀ふみがゲスト出演(C)MBS