• ホーム
  • 芸能
  • 滝沢カレン、ベストジーニスト初受賞 独特な世界観で会場騒然

滝沢カレン、ベストジーニスト初受賞 独特な世界観で会場騒然

 モデルの滝沢カレンが2日、都内で行われた最もジーンズが似合う著名人に贈られる第34回『ベストジーニスト2017』発表会に登壇。独特すぎる言葉のチョイスと不思議なキャラクターで、バラエティー番組に引っ張りだこの滝沢は「協議会選出部門」を受賞。「どういうことでどうなったのか? 選ばれたことの謎がきょうで深まった。私は『ジーンズといったら私』と陰で言ってるくらい本当に大好き。こんないい賞をもらえるなんてすっごくうれしい」と“カレンワールド”全開で喜びを表した。

【写真】その他の写真を見る


 司会から「あなたにとってのベストジーニスト賞とは?」と、お決まりの質問を投げられるも滝沢は「そこまでの話をするつもりはない」とバッサリ。そこから「デニムとかジーンズには感情がある。私たちよりも長く歴史をみたもの。そのなかには悲しいジーンズも笑ってるジーンズもあれば怒ってるジーンズもある。そんなジーンズを私は8割は履いています」と周囲の授賞者もあっけにとられる持論を展開。

 さらに得意の“四字熟語”できょうの気持ちを聞かれ、「『冒険開始』。きょう、わたしはあるものをゲットしました。ま、これなんですけど」と受賞のタテを指すと「私は冒険がすきで毎日、人生は冒険だと言ってる。きょうで本当の冒険がはじまるなと思っている。きょうからまた冒険を開始させてみようという」とまとめると拍手喝采を浴びた。

 今回の応募総数は11万6206票。「一般選出部門 男性部門」では2万8379票を獲得しHey! Say! JUMP中島裕翔が初受賞。「女性部門」として2万403票を集め女優でモデルの菜々緒が2年連続受賞を果たした。このほか「協議会選出部門」にはモデル・梨花、俳優・別所哲也らが選出された。

 終始、独特のコメントで会場の驚きと笑いをかっさらっていた滝沢に菜々緒は「これは誰にも負けない個性。デニムだって個性があるじゃないですか。素晴らしい選出ですよね」と目を見張り、別所も「センター譲りましょうか?」と思わず立ち上がって感心。中島も、メンバーとおそろいのデニムを履くことについて「これからは、いとわずに“冒険開始”していこうと思います」と滝沢の表現を拝借するなどすっかり注目の的となっていた。



関連写真

  • ”菜々緒ポーズ“を披露した滝沢カレン (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』で「協議会選出部門」を受賞した滝沢カレン (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』で「協議会選出部門」を受賞した滝沢カレン (C)ORICON NewS inc.
  • 2年連続でベストジーニスト賞を受賞し”菜々緒ポーズ“を披露 (C)ORICON NewS inc.
  • 授賞式に出席した(左から)滝沢カレン、梨花、別所哲也、菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 2年連続でベストジーニスト賞を受賞した菜々緒(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 2年連続でベストジーニスト賞を受賞した菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 2年連続でベストジーニスト賞を受賞した菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』で「協議会選出部門」を受賞した梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』で「協議会選出部門」を受賞した梨花(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』で「協議会選出部門」を受賞した別所哲也 (C)ORICON NewS inc.
  • Q:あなたにとってのベストジーニストは?/A:My son and me(梨花)、高橋英樹さん(滝沢カレン) (C)ORICON NewS inc.
  • Q:ライバルは?/A:ジーンズを履く人全員 菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • 第34回『ベストジーニスト2017』授賞式より (C)ORICON NewS inc.
  • 2年連続でベストジーニスト賞を受賞し”菜々緒ポーズ“を披露 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス