• ホーム
  • 芸能
  • ワタナベ関西オーディション グランプリに13歳奥本智海くん

ワタナベ関西オーディション グランプリに13歳奥本智海くん

 俳優の城田優瀬戸康史志尊淳などが所属するワタナベエンターテインメントが主催した、関西発のスターを発掘する『ワタナベ関西&劇団Patch 次世代スター発掘オーディション』の最終審査が19日、大阪市内にて行われ、応募者約1000人の中から大阪府出身の中学1年生、奥本智海(おくもと・ともみ)くん(13)がグランプリに輝いた。

 最終審査に勝ち進んだファイナリストは18人。A〜Dの4チームに分れ、個人での特技披露のほか、チームでの芝居とダンスを披露した。個人の特技披露で奥本くんは得意のバスケットボールで観客を沸かせた。結果発表では名前を呼ばれた瞬間、驚きの表情を見せ、声を震わせた奥本くん。「名前を呼ばれた瞬間、語尾におもわず返事に『?』が付いてしまうぐらいびっくりしました。今後はどんな小さな舞台であっても皆を喜ばせられる俳優になりたいです」と、期待に胸を膨らませた様子で意気込みを語っていた。

 審査員を代表して、ワタナベエンターテインメント代表取締役社長の渡辺ミキ氏は、「進化の具合がとてもよかった。応募してから1次面接・最終審査まで日々、成長がみられた。これからの将来性に輝くものがあると思い、満場一致でグランプリに選んだ」と、選考理由を明かしていた。

 審査員特別賞には、滋賀県出身の高校3年生、久保晴渡(くぼ・はると)くん(17)が選ばれ、「やっと自分のやりたいことのスタートラインに立てました。今後は演技だけじゃなくトーク力も身につけていろんなジャンルで活躍したいです!!」と、話していた。

 劇団Patchは2012年4月に「演劇で関西を元気にしたい!」という志のもとに結成され、同年10月より演劇公演“Patch stage”がスタート(脚本・演出:末満健一)。第7 回公演「幽悲伝」(15年12月/森ノ宮ピロティホール)では2500人の観客を集め、在阪劇団動員数ナンバー1の記録を樹立した。昨年は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載中の人気ギャグ漫画『磯部磯兵衛物語』をミュージカル化した公演を成功させ、全国で話題となった。

 現在活躍中の劇団員としては、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』『あさが来た』に出演歴があり、大竹しのぶ主演の舞台『にんじん』に出演中の中山義紘や、『刀剣乱舞』『薄桜鬼ミュージカル』などの2.5次元舞台で活躍中の納谷健などがいる。結成6年目を迎え、新しい仲間も加わった新生劇団Patchは、この秋、Patch stage vol.11「JOURNEY」で東京初進出も決定している。



関連写真

  • 関西発のスターを発掘する『ワタナベ関西&劇団Patch 次世代スター発掘オーディション』グランプリの奥本智海くん(左)、審査員特別賞の久保晴渡くん
  • グランプリのトロフィーを受け取る奥本くん
  • 劇団Patchのメンバーと(写真左から)尾形大悟、田中亨、星璃、奥本智海くん、久保晴渡くん、吉本考志、藤戸佑飛