AKB48村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』の初日公演が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。プロデュースを担当したチーム4の村山は通常16人以上で行う公演を異例の15人で体制でスタートさせた。理由は「できない子をできないままステージに立たせるのは16期のためにならない」と説明。これをバネにした16期生の成長も期待した。 『レッツゴー研究生!』の初日であいさつしたプロデューサーの村山は「できない子をできないままステージに立たせるのは16期のためにならない」と16人で予定していた公演をまさかの15人でスタートさせた。16期研究生は18人いるため、3人がもれた形となった。ゲネプロ後に取材に応じた村山は「プロとしてステージに立たなきゃいけない。中途半端な気持ちで立ってほしくないって思った」ときっぱり言い切った。

この記事の画像

  • 自身がプロデュースした『レッツゴー研究生!』公演であいさつするAKB48の村山彩希 (C)AKS
  • 村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』初日公演の模様(C)AKS
  • 村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』初日公演にあたり取材を受ける(左から)鈴木くるみ、武藤小麟、山内瑞葵、村山彩希、浅井七海、安田叶、稲垣香織、黒須遥香(C)AKS
  • 研究生公演をプロデュースしたAKB48の村山彩希 (C)ORICON NewS inc.
  • 村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』初日公演の模様(C)AKS
  • 村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』初日公演の模様(C)AKS
  • 村山彩希プロデュース『レッツゴー研究生!』初日公演の模様(C)AKS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索