• ホーム
  • 音楽
  • NGT48デビューに大先輩・小林幸子がエール「一緒に新潟を盛り上げましょう」

NGT48デビューに大先輩・小林幸子がエール「一緒に新潟を盛り上げましょう」

 AKB48の姉妹グループで、新潟を拠点に活動するNGT48が12日、新潟・歴史博物館みなとぴあでメジャーデビュー記念イベント『祝 4.12 NGT48 メジャーデビュー!ここから始まる握手の絆 in みなとぴあ』を開催し、サプライズゲストとして登場した地元出身の大先輩・小林幸子がメンバーを祝福した。

【写真】その他の写真を見る


 同所は2015年8月21日、メンバー26人(現在は25人)がお披露目された思い出の場所。この日、1stシングル「青春時計」で待望のメジャーデビューを迎えたメンバーを祝福しようと、県内外から約2000人のファンが集結した。

 キャプテンの北原里英が「NGT48、ついに本日メジャーデビューしましたー!」と第一声をあげると、ファンは大歓声。結成時の26人でレコーディングしたカップリング曲「暗闇求む」(Type-C収録)、研究生初のオリジナル曲「下の名で呼べたのは…」(NGT48 CD盤収録)、中井りかがセンターを務めた表題曲「青春時計」の3曲を披露し、会場は歓喜に包まれた。

 ミニライブを終え、握手会に移ろうとしたところで「ちょっと待った〜!」の声が響き渡り、歌手活動53年目、2015年には新潟県県民栄誉賞を受賞した地元の大先輩・小林幸子がピンクの着物姿でサプライズ登場した。事前に知らされていなかったメンバーが慌てふためくなか、小林は「NGT48の皆さん、デビューおめでとうございます! 一緒に新潟を盛り上げましょう!」とエール。別名“誕生餅”とも呼ばれる“一升餅”がプレゼントされ、感激のあまり涙を流して喜ぶメンバーもいた。

 その後、新潟では初の握手会でファンとの交流を深めると、NGT48劇場支配人の今村悦朗氏が登場。「本日メジャーデビューということで、オリコンランキングの結果が出ましたので発表いたします。NGT48メジャーデビューシングル『青春時計』、オリコンデイリーランキング、初登場1位!」と発表(4/11付で初日売上12.7万枚)した。

 涙もろいことで知られるチームNIII副キャプテンの荻野由佳は目をうるませながら、「うれしいです。お披露目からデビューまで1年半と時間はかかってしまったかもしれませんが、どれくらいバーンといけるというより、どれくらい一人でも多くの人を幸せにできるかだと思います。デビューしてこれから全国へ羽ばたいていくので、一人でも多くの人を幸せにしたいと思いますし、新潟により密着して、新潟県へたくさんの人を連れて帰ってこられたら。頑張ります!」と感謝と決意を伝え、ファンと喜びを分かち合った。



関連写真

  • 新潟発NGT48のメジャーデビューを小林幸子が祝福
  • 小林幸子とNGT48キャプテン北原里英が握手
  • 小林幸子からプレゼントされた“一升餅”(別名“誕生餅”)
  • NGT48メジャーデビュー記念イベントより
  • NGT48メジャーデビュー記念イベントで「青春時計」などを披露
  • NGT48研究生は初のオリジナル曲「下の名で呼べたのは…」を披露

オリコントピックス