• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本耕史、海パン姿で“やせマッチョボディ”解禁 合成でムキムキにも変身

山本耕史、海パン姿で“やせマッチョボディ”解禁 合成でムキムキにも変身

 俳優の山本耕史(40)が、サントリースピリッツ「澄みわたる梅酒」のウェブムービーで海パン姿を披露した。大河ドラマ『真田丸』でも見せつけた厚い胸板、盛り上がった肩、太い腕という“やせマッチョボディ”を惜しげもなく見せつけている。

【写真】その他の写真を見る


 山本は“透明なのに梅酒”という商品コンセプトに合わせ、「○○なのに○○」というテーマで全24パターンのムービーを撮影。肌寒い時期に行われた撮影ながら、「家なのに水着」「デートなのに水着」などで海パン姿に挑んだ。

 特に、水着のまま外を歩く撮影にはひと苦労だった様子。あるパターンは“盗撮風”に屋外で遠くからコソコソ撮影されたため、山本の周りにはスタッフが全くおらず、「本当に僕、水着で街を徘徊しているみたいな風に、何人かは思ったんじゃないかなと思う。ちょっとそこを払拭するのが大変ですね」と振り返った。

 ムービーはそのほか「ミュージカル」「メイキング」「ハイテンション」などのキーワードもあり、「ムキムキ」をテーマにした動画では、山本の顔にバリバリのボディービルダーの体を合成。どちらのボディの山本が好みか、見比べてみるのも面白い。動画は「なのにムービースロット」【http://nanoni.jp/】で公開中。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 海パン姿を披露した山本耕史(左)
  • ボディービルダーの体を合成した山本耕史
  • 実際に海パン姿で外を歩く撮影に挑戦した山本耕史(左)

オリコントピックス

 を検索