• ホーム
  • 芸能
  • ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告に登場

ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告に登場

 タレントのベッキー(32)が、29日の日本経済新聞朝刊(全国版)に掲載される出版社・宝島社の広告にモデルとして起用されたことが、明らかになった。カラーの見開き広告で、上半身に何も身に着けていない“背中ヌード”を披露。「あたらしい服を、さがそう。」というメッセージを体現している。

【写真】人生初のボブヘアを披露したベッキー


 今年の芸能ニュースの主役になったベッキーが、裸一貫の覚悟を示した。商品名を打ち出さず、社会にタイムリーでエッジの効いた提言を投げかける同社の広告は、発表されるたびに話題にを呼んでいる。今年1月に女優の樹木希林を起用した企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」は、今年の読売広告大賞グランプリをはじめ、多くの賞を受賞した。今回のベッキーの広告も、賛否両論が飛び交い大きな話題を巻き起こしそうだ。

 制作スタッフによると、ベッキーにリラックスした状態で撮影に臨んでもらうため、撮影場所に選ばれたのは太陽の自然な光が入り込む閑静な住宅街のスタジオ。クラシック音楽を流し、スタッフを最少人数に抑えたアットホームな雰囲気の中、「メッセージに合った表情や動きを追求し、ベッキーさんとも相談を重ねて撮影をおこない、数あるカットの中からベストな1枚を選んでいます」と明かした。

 フォトグラファーは、1960年代からロンドンでキャリアを重ね、日本のファッション写真を第一線でリードし続けてきた巨匠・与田弘志氏。各時代のセンスを撮り続けきたそのカメラで、ベッキーのありのままの姿をとらえている。

 今回の広告は、メッセージと社名、そして斜め上を見上げる裸のベッキーの写真だけという、シンプルな内容。同社は「企業理念として『人と社会を楽しく元気に』を掲げ、広告でもそのメッセージを発信したい」としているが、今回の広告について詳細な説明をしていないため、真意については受け取る側に解釈を委ねている。



関連写真

  • ベッキーを起用した宝島社の広告「あたらしい服を、さがそう。」
  • 宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」2016年1月
  • 宝島社の企業広告「古き者よ、去れ。新しい市場よ、湧きあがれ。~アベノミクスより、今や、タカラノミクス。“売れない時代の、売れてる雑誌たち”宝島社の経済効果はすごい。~」2016年7月
  • 宝島社の企業広告「ヒトは、本を読まねばサルである。」2012年09月
  • 宝島社の企業広告「君よ、散財にためらうなかれ。君の十銭で淺草が建つ。」2012年
  • 宝島社の企業広告「いい国作ろう、何度でも」2011年8月
  • 宝島社の企業広告「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」2010年9月
  • 宝島社の企業広告「生年月日を捨てましょう。」2003年
  • 宝島社の企業広告「国会議事堂は、解体。」2002年

オリコントピックス