• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』異例の上映終了宣言 3月25日まで

『スター・ウォーズ』異例の上映終了宣言 3月25日まで

 昨年12月18日より全国の劇場で上映され、累計興行収入112億円を突破する大ヒットを記録している『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、今月25日をもって全劇場・全スクリーンでの上映を終了することが決まった(劇場により順次終了)。いまだ映画ランキングで上位10位以内に入る集客力がありながら、“一斉終了”のお達しが下るのは異例のこと。一方で、『フォースの覚醒』の続きを描く3部作の第2弾『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』が、2017年12月15日(金)に全世界同時公開されることが決定した。

 『フォースの覚醒』は2月28日までに累計動員数715万5969人、興行収入112億1247万円を記録。通常の2D、3D上映に加え、4DX、MX4D、IMAX3D上映など、イベントムービーとしての一面を持ち、異なる上映方式を求めてさまざまな劇場でリピート鑑賞するファンがヒットを後押しした。

 そして、上映終了というタイムリミットを設けられたことで、大スクリーンでの興奮をもう一度味わいたいファンや、未体験の上映方式で鑑賞するリピーターの行動が加速することが予想される。劇場で鑑賞できるのは、あと23日(3月2日時点)。どこまで興行成績を伸ばせるのか、各地の映画館でもうひと盛り上がりしそうだ。

 1978年に記念すべき第1作を封切った日本劇場を受け継ぎ、ファンの間で“聖地”として知られるTOHOシネマズ日劇(東京・有楽町)の劇場支配人は「2015年12月18日、“興奮”が“フォース”となり、最高潮となった18時30分の感動は一生忘れることはありません。2017 年、聖地“日劇”での最後となるであろう公開が待ちきれません。見逃すな!」とコメントを発表。同館は2018年「TOHOシネマズ日比谷(仮称)」の開業に伴い、閉館が決定しているのだ。

 “西の聖地”とされる109シネマズ大阪エキスポシティ(大阪・吹田市)の支配人は「上映終了日が、ついに決まってしまいました。すごく寂しい心境です…。IMAX次世代レーザーをまだ体験していない方、まだまだ体験し足りない方、『エピソード8』まで待てない方、ミレニアム・ファルコンへのご搭乗手続きはお早めにお済ませください。はるか彼方の銀河系までハイパー・ドライブでひとっ飛び!」と駆け込み鑑賞を促した。

 最高レベルの音響と映像パフォーマンスを評価する米THX社(ルーカスフィルムが設立)から国内では初めてお墨つきを得たイオンシネマ海老名(神奈川・海老名市)の総支配人は「忘れられない2015 年12月18日、18:30の第一音、お客様同士の一体感、劇場全体が一つになっていたこと。劇場で感じた“フォース”は、スター・ウォーズファンのみならず、新しく体験した若い世代にも確実に伝わっていました。2017年に向けて次のお祭りの準備をしていかねば!」と、『エピソード8』へかじを切る。

 『エピソード8』は、2月15日より英パインウッド・スタジオで撮影がスタート。ベニチオ・デル・トロや、ローラ・ダーンらの新キャストも同時に発表され、早くも話題になっている。



オリコントピックス