アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 坂口健太郎、マザコン役でCM単独初出演 『TONE』イメージキャラに抜擢

坂口健太郎、マザコン役でCM単独初出演 『TONE』イメージキャラに抜擢

 俳優の坂口健太郎がトーンモバイルのスマートフォンサービス『TONE』のイメージキャラクターに起用され、本日26日からオンエアされる新CM「僕はマザコン篇」に出演していることがわかった。すでにドラマや映画で幅広く活躍中の坂口だが、今回がCM単独初出演になる。

【写真】その他の写真を見る


 現在放送中の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)に出演中、4月から放送予定のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも出演予定と人気急上昇中の坂口。“母親に使ってほしい、母親が使えるように”という息子からのメッセージが込められた今回の新CMでは、母親に「TONE」をプレゼントし、照れながらも一緒に使ったり、優しくスマホの使い方を教える姿が映し出されている。

 撮影後に坂口は、演じた息子役と自身を重ね合わせ「母親とはすごく仲がいいです。お母さんのことが好きだし、“マザコン”というと変なイメージがあるけど、僕はマザコンだと思います(笑)」と照れながら告白。「TONE」については、「使いやすいし、いろいろなところが親切で、幅が広がる感じがしました。置くだけサポートは、父親や母親が分からないことがあっても、自分がいなくてもやってくれるから優しい」とその機能に満足していた。

 撮影現場では、普段から家族と仲が良いという坂口らしく、母親役の女優に丁寧にスマホの使い方を教える様子やなにげないやりとりに、周囲のスタッフから「本当の親子みたい」と声が上がっていた。

 「僕はマザコン」というストレートなフレーズが印象的なCM曲は、ロックバンド・THE イナズマ戦隊の上中丈弥によるオリジナル曲。インパクトがありながらも「この世に連れてきてくれてありがとう」という母親への温かいメッセージが込められている。

 同CMは「僕はマザコン篇(月額1000円)」「同(エアノック)」「同(置くだけサポート)」「同(親子割)」の全4パターン。本当は優しいのに素直になれない様子など、いろいろな坂口の表情を見ることができる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM「僕はマザコン篇」に出演している俳優・坂口健太郎
  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM
  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM
  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM
  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM
  • スマートフォンサービス「TONE」の新CM

オリコントピックス