アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 堤真一、51歳での連ドラ主演は「キツかった」

堤真一、51歳での連ドラ主演は「キツかった」

 俳優の堤真一(51)が17日、都内で行われた『ウイスキーヒルズアワード2015』授賞式に出席。7月から9月まで放送されていたフジテレビ系ドラマ『リスクの神様』で、民放ドラマ16年ぶりの主演を果たした感想を語った。

【写真】その他の写真を見る


 2015年の感想について聞かれると「今年はいろんな事にチャレンジした。映像の方はあまりやってなかった」とにっこり。「でも、久々に(ドラマの主演をしてみて)年寄りが連続ドラマとかキツいなぁと思っていたのですが、キツかったです」と明かし笑わせた。

 また、司会者から「日本を代表する俳優、必ずや名前が上がる堤さん」と持ち上げられると「自分ではそんなことをやってるつもりはなくて、自分が実際に楽しんでるだけなので」と謙そん。「来年も今のような感じで、ぼや〜と出来ればいいなと思います」と来年の目標についても飾ることなく語っていた。

 同アワードは、ウイスキー文化のさらなる発展を目指して発足された「ウイスキーヒルズアワード実行委員会」が、各賞にふさわしい著名人を毎年1回選出し表彰するもの。イベントにはそのほか、現役引退した五輪柔道3連覇の野村忠宏氏、ホラン千秋も登場した。



関連写真

  • 連ドラ主演は「キツかった」と明かした堤真一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ウイスキーヒルズアワード2015』授賞式に出席した(左から)野村忠宏氏、堤真一、ホラン千秋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ウイスキーヒルズアワード2015』授賞式に出席したホラン千秋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ウイスキーヒルズアワード2015』授賞式に出席したホラン千秋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ウイスキーヒルズアワード2015』授賞式に出席した野村忠宏氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019