• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 能年玲奈、明るくラジオ卒業 最後はリスナーにエール「フレー!フレー!」

能年玲奈、明るくラジオ卒業 最後はリスナーにエール「フレー!フレー!」

 女優の能年玲奈が10月1日、3年半にわたってパーソナリティーを務めたTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』内の出演コーナー『GIRLS LOCKS!』の卒業を迎えた。

 毎月第4週の同コーナーのパーソナリティーを務めていた能年は、今週の放送で、リスナーから送られた卒業を惜しむメールを読み上げてきた。「女優の能年さんが大好き。どこでもいいから見られたらうれしい」というメールには、感動して声をつまらせながらも「精進します」と語りかけ、「辞めたくないな」と本音を漏らす場面も。

 この日の放送では、オープニングで「ラジオが大好き、演技のお仕事も大好き」と語り、一人ラジオドラマに挑戦。サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」をテーマに、花と少女が登場する幻想的な内容で、涙を流すシーンでは迫真の演技でリスナーを引き込む。エンディングでは「悲しみでは花は咲かない!」と明るいせりふで締めくくった。

 ドラマを終えた能年は、「最後にこのラジオドラマをやらせてもらって、うれしかったです」と感慨深くなり、番組についても「一番自由になれる場所だった。楽しく頑張らせていただきました」とこれまでを振り返る。しんみりした空気になるも「卒業さえも楽しみたい」と語り、リスナーへ「フレー!フレー!」と元気にエールを送くって明るく番組を卒業していった。
タグ

オリコントピックス

 を検索