• ホーム
  • 芸能
  • ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎×ピアニスト・辻井伸行、テレビ初共演

ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎×ピアニスト・辻井伸行、テレビ初共演

 28日放送のテレビ朝日系クイズプレゼンバラエティー『Qさま!!』で、ヴァイオリニスト・葉加瀬太郎とピアニスト・辻井伸行がテレビで初共演することが15日、明らかになった。この日は、クラシック音楽にまつわる興味深いミステリーエピソードを紹介しつつ、クイズを出題していく「Qさま!!特別編・葉加瀬太郎の音楽ハカセ」を3時間スペシャル(後7:00〜9:48)として放送。日本のスゴイ音楽家を紹介するコーナーで葉加瀬は辻井の天才ぶりをプレゼン。辻井は葉加瀬をイメージした即興曲を披露するなど、二人の才能がぶつかり合う。

【写真】その他の写真を見る


 収録は都内のコンサートホールで行われた。葉加瀬のラジオ番組に辻井がゲスト出演するなど面識のある二人。初対面の時の印象を葉加瀬は「辻井くんが子どものころに僕のコンサートに来てくれて楽屋を訪ねてきてくれました。それは鮮明に覚えています。まだ彼の演奏を聴いたことはなかったですが、すごい子がいるという話は耳にしていました」と語る。

 番組では、葉加瀬が辻井の経歴を映像とともに振り返りながらその“スゴさ”を紹介していく。例えば、2歳7ヶ月で母親が歌う「ドレミの歌」に合わせて、おもちゃのピアノをみごとに演奏。「運命を変えた」という恩師・川上昌裕先生とのレッスン風景VTRでも、小学生ですでに天才ぶりを発揮していたことに葉加瀬も驚がくする。

 また、辻井の名を一躍世界中に広めた『ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール』で優勝した際に演奏したラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」について、「課題曲の中でもあえて難易度の高い曲を選択した理由」にも迫っていく。

 19歳でCDデビューした辻井は、葉加瀬同様、自らも曲を作り、デビューCDにはオリジナル曲も入れている。「近年顕著な、クラシック音楽家がオリジナル作曲する動きはすごくいいこと」という葉加瀬に対して、辻井は「子どもの頃はウチにきたお客さんをイメージした曲を即興で作ったりしていたんです。今日はサプライズで葉加瀬さんをイメージした曲を演奏します!」とピアノの前へ。葉加瀬は「僕の爽やかな部分を曲にしてくれた」と大喜びだった。

 葉加瀬のリクエストに応え、辻井はリスト作曲の難易度の高い曲「ラ・カンパネラ」も披露。辻井は「僕は演奏のときに、きょうは絶対にうまく弾くぞ、と力むことはないんです。心から演奏を楽しんで、それをお客様にも伝えて、その曲のすばらしさ、音楽の楽しさなどを届けたい」と話していた。



関連写真

  • 9月28放送のテレビ朝日系『Qさま!!』はなぜか葉加瀬太郎(左)の「音楽ハカセ」3時間SP。ピアニスト・辻井伸行(右)とテレビ初共演も(C)テレビ朝日
  • 9月28放送のテレビ朝日系『Qさま!!』はなぜか葉加瀬太郎(左)の「音楽ハカセ」3時間SP。ピアニスト・辻井伸行(右)とテレビ初共演も(C)テレビ朝日

オリコントピックス