My Little Loverの新曲「ターミナル」(発売日未定)が、桜木紫乃氏の同名小説を実写化した映画『起終点駅 ターミナル』(11月7日公開)の主題歌に決定した。My Little Loverが映画主題歌を歌うのは、同作と同じ篠原哲雄監督作品『深呼吸の必要』(2004年)に提供した「ひこうき雲」以来11年ぶり。 同作は、判事だった頃に体験した苦い出来事を引きずる55歳の弁護士が、孤独な25歳の女との出会いを経て再生していくさまを描く人間ドラマ。映画音楽を担当した小林武史氏が書き下ろした「ターミナル」は、主人公・鷲田完治(佐藤浩市)の前から、何も語ることなく、人生の一歩を踏み出していく椎名敦子(本田翼)が胸に秘めた想いを歌い上げる。

この記事の画像

  • My Little Loverの新曲「ターミナル」が映画『起終点駅 ターミナル』の主題歌に決定
  • 映画『起終点駅 ターミナル』 (C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索