• ホーム
  • 芸能
  • 愛之助、交際発展は前回の報道「絆生まれた」

愛之助、交際発展は前回の報道「絆生まれた」

 俳優の片岡愛之助(43)が28日、自身のブログを更新し、女優の藤原紀香(44)との交際を報告。交際の経緯について5月の『同棲愛』報道に触れ「それらの逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と明かしている。

 『事実と気持ち』のエントリーで愛之助は「いつも家族の様に温かく応援して下さっているファンの皆様、また、活動の場を与えてくださっている関係者の皆様方へは、きちんと僕の言葉で、事実と気持ちを1番に伝えたく、ここに書くことにしました」と交際を報告。

 5月の『同棲愛』報道の際には、熊切あさ美(35)との三角関係も取り沙汰されたが「僕の人生上、2人の女性を同時に好きになったことや、重なってお付き合いをしたことは一度もありません」ときっぱり。「実際、以前の報道時はいい友人関係」と当時の交際については改めて否定した。

 報道後は「藤原さんサイドに多大なご迷惑をお掛けし、お詫び方々 深い話をするようになり徐々に距離が縮まり」と明かした愛之助。「それらの逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と、交際に至るまでの経緯を説明した。

 現在、藤原の存在は「多忙の中でも、友人であった時以上に体調面、食事面など、今の僕を支えてくれています」とし「交際を始めたのがここ最近ですし、お互い40代の独身同士、見守って下さいなんて図々しいことは言いませんがどうぞ そっとしておいて頂けると幸いです」と呼びかけている。