• ホーム
  • 音楽
  • globeマーク、エヴァ主題歌“逆輸入” 英語詞&EDM版を世界配信

globeマーク、エヴァ主題歌“逆輸入” 英語詞&EDM版を世界配信

 今月9日にデビュー20周年を迎えたglobeのメンバー、マーク・パンサーが12日、ソロプロジェクトを発表。globeと同じく20周年を迎える『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の英語詞カバーをEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)にアレンジし、きょうから世界110ヶ国以上で同時発売した。

 「残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)」は、EDMの本場ヨーロッパでスタッフを集め、マークの母国フランスのスタジオでレコーディングおよびトラック制作された。

 原曲の作詞を担当した及川眠子氏は自身のツイッターで「楽しみに待っていた『残酷な天使のテーゼ』の英語バージョンがヨーロッパから届いた。すんごーく素敵なアレンジ。20年経っても、この曲が愛され続けていることに感謝です。遂にこの曲が世界に羽ばたく時がきたのかぁ?」と喜びのコメントをしている。

 globeの活動と並行し、地元フランスでDJ/プロデュース活動を行っているマークは「音楽活動20周年の節目に、今まで以上に音楽をやりたいという気持ちが強くなったので、今年はglobeの活動はもちろん、ソロ活動にもチャレンジしようと思った。『残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)』は、ヨーロッパでの生活やDJ経験を活かして、(2020年の)オリンピックで世界の注目を集める日本カルチャーを世界に発信したいと考えてリリースを決めた。これが今の僕なので、ぜひglobeとともに応援してほしい」と呼びかけている。

 同曲のミュージックビデオのショートバージョンはYouTube、フルバージョンはdTVで公開中。




関連写真

  • globeと並行してソロ活動をスタートさせたマーク・パンサー
  • 世界110ヶ国以上で同時発売された「残酷な天使のテーゼ(English EDM ver.)」配信ジャケット

オリコントピックス