• ホーム
  • 音楽
  • AKB川栄、泣き笑いの“卒コン”「バイバーイ!」【セットリスト】

AKB川栄、泣き笑いの“卒コン”「バイバーイ!」【セットリスト】

 人気アイドルグループ・AKB48が2日、さいたまスーパーアリーナで『AKB48真夏の単独コンサートinさいたまスーパーアリーナ〜川栄さんのことが好きでした〜』の最終公演を開催。4日の劇場公演でグループを卒業する川栄李奈(20)のセレモニーを行った。

 中盤にファンファーレが鳴り響くと『RINA KAWAEI SHOW TIME』がスタート。川栄にゆかりのあるメンバーとともに、これまであまり歌ってこなかったという王道アイドル曲を次々と歌唱した。

 指原莉乃のソロ第2弾シングル「意気地なしマスカレード」(2012年10月発売)を機に結成されたユニット・アンリレ(入山杏奈、川栄、加藤玲奈)では「キャンディー」をかわいらしくパフォーマンス。自身を含めた“川栄選抜”の15人は、旧チーム4の代表曲で、2013年の『リクエストアワー』で1位に輝いた「走れ!ペンギン」を熱唱した。2012年3月に研究生から正規メンバーに昇格したときに配属され、同年10月に一度は解散したチーム4のメンバーも集結し、公演曲「RUN RUN RUN」を披露してファンを喜ばせた。

 メンバーは川栄の着替えの合間に続々とおバカ話を暴露したほか、小嶋陽菜は「私、りっちゃん(川栄)大好きで。エピソードなさそうじゃん? 本当にないの」と笑わせ、入山杏奈も「もう3〜4年くらい仲が良くて、お互いの家に遊びに行く仲なんですけど、(エピソードは)特にないんです」とかぶせて会場は爆笑の渦に包まれた。

 終始笑顔で軽い調子の川栄だったが、高橋みなみに向かって「たかみなさんに言っておきたいことがあります」と真剣な表情で切りだすと、チーム4から高橋がいる横山チームAに移籍した当初を回顧。「手を抜かない姿勢をたかみなさんから学びました。たかみなさんは“努力は必ず報われる”とか言ってて、必ず報われないと思ってたんですけど、たかみなさんが背中で見せてくれました」と涙ながらに感謝を伝えると、たかみなの早すぎるもらい泣きに会場は笑い泣き状態となった。

 アンコールの卒業セレモニーでは、川栄がファンに向けて感謝の気持ちを伝える手紙を読み上げたほか、後輩を代表して高橋朱里、先輩を代表して横山由依が川栄に宛てた手紙を朗読。湿っぽい空気が流れたが、最後はメンバーが作った花道を歩いた川栄が「AKB48に入れて本当によかったと思っています。たくさんのメンバー、ファンに出会えて、皆さんが私の背中を押してくれて。皆さんがいる限り、私は頑張れると思います。本当にありがとうございました」と深々一礼。最後は「バイバーイ! バイバーイ! ありがとうございました」と感謝の言葉を残し、スクリーンの向こう側へと巣立っていった。

■『AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ〜川栄さんのことが好きでした〜』2日目夜公演セットリスト
01. ハロウィン・ナイト
02. フライングゲット
03. 重力シンパシー
04. Mosh&Dive
05. 嘆きのフィギュア(チームB)
06. 回遊魚のキャパシティ(チームK)
07. 飛べないアゲハチョウ(チームA)
08. 隣人は傷つかない(チーム4)
09. 生きるって素晴らしい(チーム8)
10. 呼び捨てファンタジー
11. アイドルなんて呼ばないで(川栄李奈、島崎遥香、横山由依、木崎ゆりあ)
12. キャンディー(川栄、入山杏奈、加藤玲奈)
13. ハート型ウイルス(川栄、高橋みなみ、小嶋陽菜)
14. 遠距離ポスター(川栄、大島涼花、田野優花、小嶋菜月名取稚菜、伊豆田莉奈、中西智代梨)
15. 走れ!ペンギン
16. アボガドじゃね〜し…(川栄、高橋朱里)
17. オネストマン(AKB48)
18. 次のSeason(AKB48)
19. RUN RUN RUN(大場チーム4=川栄歴代所属チーム)
20. ただいま恋愛中(横山チームA=川栄歴代所属チーム)
21. AKB参上!(高橋チームA=川栄歴代所属チーム)
22. 夕陽を見ているか?(大場チーム4+横山チームA+高橋チームA)
23. バラの儀式
24. 僕たちは戦わない
25. 希望的リフレイン
26. 大声ダイヤモンド
27. 君のことが好きだから
28. ヘビーローテーション
29. 桜色の空の下で
【アンコール】
30. ハステとワステ
31. 僕は頑張る
32. 君の第二章
33. 少女たちよ
34. ハロウィン・ナイト




オリコントピックス