アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『スター・ウォーズ』新ヒロイン初来日、4・30キックオフイベント開催

『スター・ウォーズ』新ヒロイン初来日、4・30キックオフイベント開催

 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして、新たな3部作の第1作目となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)。その全容は未だ厚いベールに包まれているが、全世界同時公開に向けたキャンペーンが、日本からスタートすることがわかった。

 「KICK OFF MEETING」と題したイベントを今月30日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催することが決定。新ヒロインとして注目されるレイ役の女優デイジー・リドリーが初来日し、ルーカス・フィルムの共同会長にして、同作のプロデューサーでもあるキャスリーン・ケネディとともに登壇する。

 今月16日よりカリフォルニア州アナハイムで行われた一大ファンイベント『スター・ウォーズ セレブレーション』で、J.J.エイブラムス監督、プロデューサーのキャスリーン・ケネディによるパネル・ディスカッションが行われ、レイ役のデイジー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックとともにサプライズ登場。監督のJ.J.は彼らを、「長く険しいオーディションを勝ち抜いた才能豊かな若手俳優」と紹介した。デイジーは、役柄について「強くて自立した女性」と説明し、さらに「ある人との出会いで人生が一変する」と、秘密に包まれたストーリーの一端をうかがわせる発言も飛び出した。

 この時、公開された特報第2弾では、BB-8やフィンと共に爆風の中を逃げるシーンやフィンに手を差し伸べるシーンが披露され、“新時代のヒロイン”の登場を全世界に強く印象付けたデイジー。オーディションの経緯や、スタッフ・キャストの印象、撮影中のエピソードなど、何が語られるのか今から期待は高まるばかりだ。

 デイジーと共に来日するキャスリーン・ケネディは、長年スティーブン・スピルバーグの右腕として数々の傑作、ヒット作を生み出してきた現在のハリウッドを代表する人物。今作では、監督選びやキャスティングに深くかかわっており、世界中の映画ファンが注目する作品に関しての情報を最もよく知る一人でもある。世界中のファンが注目する二人の発言、一挙手一投足から生まれる興奮を共有しよう。



オリコントピックス