• ホーム
  • 音楽
  • Superfly、新作特典は初の邦楽カバー集 桑田・まりや・陽水・RC・元春

Superfly、新作特典は初の邦楽カバー集 桑田・まりや・陽水・RC・元春

 ボーカリスト・越智志帆のソロユニット・Superflyの2年8ヶ月ぶりとなる5枚目のオリジナルアルバム『WHITE』(5月27日発売)の収録内容を公開。初回生産限定盤の特典として、自身初の邦楽カバー5曲入りのミニアルバムが付くことがわかった。

 これまで邦楽カバーミニアルバムに収録されるのは、桑田佳祐「Blue〜こんな夜には踊れない」、竹内まりや「Sweetest Music』、井上陽水「帰れない二人」、RCサクセション「スローバラード」(ライブ音源)、佐野元春「楽しい時 -Fun Time」の5曲。それぞれの楽曲を選んだ理由について、志帆は以下のようにコメントしている。

▽「Blue〜こんな夜には踊れない」
この曲と出会ったのは20歳ごろだったと思うのですが、そのころはまだまだかっこよくも色っぽくも表現できる自信がなかったのですが、いつか大人の女性に近づいたとき、歌えるといいな、と思っていました。あれから10年経って、私なりのBlueを表現できたように思います。

▽「Sweetest Music」
竹内まりやさんの武道館ライブで初めてこの曲知りました。ライブ中に、あまりにもカッコよくて体中が熱くなったのを覚えています。いつかカバーさせていただきたいと思っていました。

▽「帰れない二人」
この曲は、スタッフから私に歌って欲しい曲をリクエストしてもらった1曲です。歌詞もメロディーもとても繊細で美しく、心が洗われていくようでした。改めて名曲のすばらしさを体感した楽曲です。

▽「スローバラード」
2012年の夏に『RISING SUN ROCK FESTIVAL』でのthe dayのライブにゲスト参加させていただきました。あのときステージで感じた、すさまじい熱気と、私たちを包み込む北海道の雄大な景色をいまだに鮮明に覚えています。あの瞬間にしか出せない音を楽しんでいただけたらと思います。

▽「楽しい時-Fun Time」
私がデビューしたころにこの曲に出会いました。なんてピュアで、ラブ&ピースな楽曲なんだろう!と感動して、いつか邦楽をカバーする機会がある時はこの曲をカバーしたいと思っていました。

 なお、アルバム本体には、昨年10月期に好視聴率を記録した米倉涼子主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』主題歌「愛をからだに吹き込んで」、映画『闇金ウシジマくん Part2』主題歌「Live」、現在放送中の木村文乃主演ドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』(毎週火曜 後10:00 TBS系)主題歌の「Beautiful」など全14曲を収録。7月からは過去最大規模となる33都市39公演のホールツアーをスタートさせる。

■「スローバラード」ショートver MV
https://www.youtube.com/watch?v=CiBHUsuw6UM



タグ

オリコントピックス