• ホーム
  • 映画
  • 右京の“相棒”は右京!? おかっぱだけど…

右京の“相棒”は右京!? おかっぱだけど…

 19日にテレビ朝日系『日曜洋画劇場』枠でテレビ初放送される映画『相棒-劇場版III-』のビジュアルがおかしなことになっている。杉下右京(水谷豊)の“相棒”のポジションにいるのも、右京!? おかっぱ頭の右京といえば、水谷が主演する映画『王妃の館』(25日公開)の北白川右京。当日の放送でも「W右京」が登場し、映画の見どころを紹介する。

 3月に放送され、物議をかもしたテレビシリーズ『相棒season13』の最終回の衝撃もまださめやらぬ中、時計の針を少し戻し、『相棒-劇場版III-』では右京と、その相棒・甲斐享(成宮寛貴)が絶海の孤島で遭遇した事件を描く。

 一方、北白川右京が主人公の『王妃の館』は、浅田次郎氏の同名小説が原作。17世紀の仏パリ、ルイ14世が寵姫のために建てた夢の館「王妃の館(シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ)」。世界中のツーリストが憧れ、泊まることが奇跡と呼ばれる最高級ホテルに集まったのは、それぞれに事情を抱えた男女11人のツアー客。この「憧れのシャトー・ドゥ・ラ・レーヌに泊まる10日間の旅」にどんな秘密が隠されているのか!?

■「W右京」登場の詳細は番組公式サイトに掲載
http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/



関連写真

  • 『相棒』杉下右京×『王妃の館』北白川右京が4月19日放送のテレビ朝日系日曜洋画劇場でコラボ 
  • 2014年公開の映画『相棒−劇場版III』テレビ初放送 (C)2014「相棒-劇場版III-」パートナーズ
  • 映画『王妃の館』4月25日公開(C)浅田次郎/集英社 (C)2015「王妃の館」製作委員会

オリコントピックス