アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 声帯摘出のつんく♂に応援の声続々「素敵な歌声はこれからも心に流れ続けます」

声帯摘出のつんく♂に応援の声続々「素敵な歌声はこれからも心に流れ続けます」

 声帯がん治療のため療養していた音楽プロデューサー・つんく♂(46)が4日、母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式にサプライズ登場し、声帯の摘出手術を受け、声を失ったことを告白。同日ブログも更新し改めて報告したことを受け、コメント欄には、ファンのみならず、現在、病気を抱える人たちからも、励ましやエールの声が続々と寄せられている。

【写真】その他の写真を見る


 入学式を終えブログを更新したつんく♂は改めて「昨年秋の癌治療の際、念の為という事も含めて、患部を治療するのに声帯全てを摘出することとなりましたので、話す事が出来ません」と報告。「昨年10月半ばに手術し、10月末には退院し、退院後、体調と相談しながらも仕事も始め、年末年始は仕事をし出して以来初めてゆっくり年越しをしながらの療養もさせていただき、随分元気になりました」と明かした。

 1月中旬頃から、キックボクシングを始めたといい「新たな人生のスタートに向かって体力作りもしております」「これからもこんな私に出来る事。こんな私にしか出来ない仕事をさせて頂こうと思っておりますので、皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたします」と決意を新たにつづった。

 ブログ更新後には、コメント欄に「私も今、治療中の病気があります。つんくさんと同様に、私も頑張ります。陰ながら応援しています。今夜はQのアルバムを聴きながら過ごします」といった声や「選択するのにいろんな想いがあってすごく勇気がいったと思いますが とにかくつんく♂さんが元気でいてくれてよかったです」「つんく♂さんのお姿がブログに載っててなんだか感動して涙が止まらないです」といった安堵の声。

 「30代半ばの私はシャ乱Qどまんなか世代です。そして子供に見せている教育番組でも、つんくさん作曲の歌がたくさん流れています。親子2代でお世話になっています。これからもたくさんお世話になります」「病気に負けないで、また感動する曲作ってください」「とても大きな決断をされたのですね。その勇気、尊敬します。つんく♂さんの素敵な歌声はこれからもみんなの心に流れ続けます。これからもその才能を思う存分見せつけて下さいね!」といった応援メッセージが続々と寄せられている。

 この日の入学式には、首にストールを巻き、黒のスーツで登場したつんく♂。ステージ上の大型スクリーンでは“活字”と司会の代読により後輩へのメッセージが届けられ「なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることが出来ないのか…それは、私が声帯を摘出したからで、去年から喉の治療をしてきましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他、ならなかったから一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と伝えられた。

 つんく♂は、2014年3月にがんを公表し活動を休止。同4月の同校入学式のプロデュースを初めて担当した。しかし、式当日は治療のため出席を断念し、映像で祝辞を寄せた。9月に「完全寛解」と発表したが、約1ヶ月後に再発を公表していた。



関連写真

  • 声帯を摘出したことを公表したつんく♂
  • 母校・近畿大の校歌斉唱に合わせてギターを弾くつんく♂
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様
  • 近畿大学『平成27年度入学式』(大阪府東大阪市)の模様

オリコントピックス