• ホーム
  • 音楽
  • 北原里英、NGT移籍へ不退転の決意「やってやるぞ!」

北原里英、NGT移籍へ不退転の決意「やってやるぞ!」

 きのう26日に行われたAKB48のコンサートで新潟・NGT48への移籍とキャプテン任命が発表された北原里英が27日、移籍についての心境や今後に向けた決意をブログでつづった。

<決意表明>川栄李奈、ブログで決意表明 襲撃事件きっかけに「今やりたいことをやろう!」 (15年03月27日)


 コンサートで北原は「こんなに大きなプロジェクトに一から携われることはなかなかない。23歳、AKB8年目だけど、まだまだ新しいことできるんだよということを見せられるように、決断しました」と涙ながらに決意表明。一夜明けて、改めて心境を説明している。

 移籍の打診について、本番直前まで悩んで迷ったものの「声をかけていただいたことを断るというのは自分的にはなかったし、こんなにも大きなプロジェクトに1から携われる機会はそんなにないだろうなと思ったし」と前向きに捉え、自分のやりたいことが「新潟ではできるような気がしました」と明かした。

 サプライズ発表を聞いて、ステージ上で泣くメンバーがいたことは「不謹慎かもしれないけど本当にうれしかった」と振り返り、「やっぱみんなのことが大好きだなあと改めて思いました」とグループとメンバーへの愛を再認識した。

そんなグループの一大プロジェクトのキャプテンに任命され「いまはすごく清々しい気持ち」「やってやるぞ!って気持ちです」と不退転の決意を述べた。「新潟県のみなさん、いや、日本海側のみなさん!!これから、よろしくお願いします。盛り上げていきましょうね!」と、新たなホームタウンのファンに呼びかけている。

 また、卒業を発表した川栄李奈については、「最近距離が縮まってきた」というだけに寂しさを打ち明けているが、「女優としての一歩を踏み出せる川栄のこと、少し羨ましくも思いました。がんばってね、川栄!」とエールを送った。



オリコントピックス