• ホーム
  • 芸能
  • 世界に紹介したい作品に『まどマギ』 国民投票7万7631票獲得

世界に紹介したい作品に『まどマギ』 国民投票7万7631票獲得

 日本のポップカルチャーの代表を国民投票で決定する読売新聞社主催の『SUGOI JAPAN』の初代グランプリが12日、都内で行われた授賞式で発表され、アニメ部門の『魔法少女まどか☆マギカ』が選出された。

最近よく聞く“2.5次元”、その定義とは? (15年02月14日)


 同賞は、昨年140周年を迎えた読売新聞社が記念事業として設立。2005年1月1日から14年7月31日までの約10年間に、国内で発表された「マンガ」、「アニメ」、「ライトノベル」、「エンタメ小説」を対象に、「世界中の人々に紹介したい、世界でもヒットするに違いない」とファンが支持する作品を、国民投票で選ぶ史上初の試み。

 投票対象は、「一般推薦」と「有識者推薦」から選ばれた各ジャンル合計203作品(マンガ51、アニメ52、ラノベ50、エンタメ小説50)。投票期間は昨年10月1日から12月31日で、各部門3票まで有効。初代グランプリには最多7万7631票を獲得した『まどマギ』に輝いた。

 『まどマギ』プロデューサーのアニプレックス岩上敦宏氏は、「アニメというジャンルにとって、この10年には大きな意味があり、大きな変化があった。深夜アニメというジャンルが定着し、ヒット作が生まれた。アニメ業界の活況があっての受賞です。作品を海外に向けても伝えていきたいですし、国内でもより多くの皆さんに楽しんでもらえたらうれしい」と喜びを語った。

 また、「マンガ」部門の1位は『進撃の巨人』(諫山創)、「ラノベ」部門1位は『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(渡航)、「エンタメ小説」部門1位は『図書館戦争シリーズ』(有川浩)となった。

 なお、『SUGOI JAPAN』は第2回の開催も予定している。

■マンガ部門 TOP10
1:『進撃の巨人』
2:『銀の匙 Silver Spoon』
3:『ハイキュー!!』
4:『3月のライオン』
5:『宇宙兄弟』
6:『日常』
7:『ワンパンマン』
8:『乙嫁語り』
9:『聖☆おにいさん』
10:『暗殺教室』

■アニメ部門 TOP10
1:『魔法少女まどか☆マギカ』
2:『TIGER&BUNNYシリーズ』
3:『コードギアス 反逆のルルーシュ』
4:『アイドルマスター』
5:『ラブライブ!』
6:『蟲師』
7:『進撃の巨人』
8:『夏目友人帳』
9:『PSYCHO-PASS サイコパス』
10:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』

■ラノベ部門 TOP10
1:『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
2:『ソードアート・オンライン』
3:『狼と香辛料』
4:『ノーゲーム・ノーライフ』
5:『人類は衰退しました』
6:『Fate/Zero』
7:『魔法科高校の劣等生』
8:『バカとテストと召喚獣』
9:『ミミズクと夜の王』
10:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

■エンタメ小説 TOP10
1:『図書館戦争シリーズ』
2:『新世界より』
3:『夜は短し歩けよ乙女』
4:『天地明察』
5:『告白』
6:『虐殺器官』
7:『Another』
8:『死神の精度』
9:『チーム・バチスタの栄光』
10:『俺俺』



関連写真

  • (左から)シャフト・久保田光俊氏、『まどマギ』プロデューサーのアニプレックス・岩上敦宏氏 (C)ORICON NewS inc.
  • マンガ部門で1位に輝いた『進撃の巨人』
  • ライトノベル部門の1位『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
  • エンタメ小説部門1位は有川浩氏の『図書館戦争』シリーズ
  • (写真左から)シャフト・久保田光俊氏、『まどマギ』プロデューサーのアニプレックス・岩上敦宏氏=『SUGOI JAPAN Award2015』(C)ORICON NewS inc.
  • 各ジャンルの受賞者ら=『SUGOI JAPAN Award2015』の模様 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス