• ホーム
  • 芸能
  • デューク・エイセス吉田一彦、脳梗塞で引退

デューク・エイセス吉田一彦、脳梗塞で引退

 1955年に結成され、60周年を迎えた男性4人組ボーカルグループ、デューク・エイセスの結成当初からのメンバーで、昨年から病気療養中だった吉田一彦(79、セカンド・テナー)が、脳梗塞のため芸能界を引退したことがわかった。12日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』にメンバーが出演し、発表する。

 昨年10月26日に行われた60周年記念コンサートツアー『感謝還暦』の初日、リーダーの谷道夫(80)は吉田の体調について「5〜6月ごろから体調が悪くなり、入院もしていましたが、いまは自宅で療養中です。僕たちは、4つの声がそろわないとデューク・エイセスにならないものですから、メンバー一同、彼の一日も早い回復を祈っています」と話していたが、今年に入り、本人と家族の申し出により引退を決意した。

 新メンバーとして、吉田の代役を務めてきた岩田元(45)が加入することも明らかに。「身の引き締まる思いです。この数ヶ月、大量の楽譜を必死に覚えCDを聴き込んでいくうちに、すっかりデューク・エイセスの虜になってしまいました。吉田さんからのバトンを胸に、精一杯歌わせていただきます」と決意を示した。

 番組では、吉田が参加した結成60周年記念シングル「生きるものの歌」のレコーディング映像、ファンクラブ新年会の映像などを公開。スタジオでは“新生”デューク・エイセスとして、名曲「おさななじみ」の特別バージョンを披露する。



関連写真

  • 脳梗塞のため芸能界引退を決断したデューク・エイセスの吉田一彦
  • 吉田一彦の代役を務めてきた岩田元が加入
  • 結成60周年記念シングル「生きるものの歌」のレコーディングの模様

オリコントピックス