• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ村上、単独で初冠番組「非常に楽しみ」 アスリートの真の姿に迫る

関ジャニ村上、単独で初冠番組「非常に楽しみ」 アスリートの真の姿に迫る

 人気グループ・関ジャニ∞の村上信五(33)が4月15日スタートのフジテレビ系『村上信五とスポーツの神様たち』(毎週水曜 深0:55※初回は深1:10)で司会を務めることが26日、わかった。今回、単独では初となる冠番組に村上は「スポーツの魅力はもちろん、全てのスポーツの良さと楽しさをこの番組を通じて、気軽に楽しんでいただけるようにお伝えしたいと思います!」と意気込んでいる。

 番組は、昨年11月に特番で放送され、当時村上が巧みなトークと独自の感性で“神(ゲスト)”の過去にあった出来事の真相や、今だから言えるビックリ発言を引き出し“トーク乱闘”を繰り広げたことが話題を呼び、晴れてレギュラー化が決定した。

 今回も特番放送時と同様に“神映像”をきっかけに「競技との出会い」や「今だから話せるあの試合の裏側」。そして「試合中に起きた奇跡」などのエピソードトークを展開。番組では、“神”(ゲスト)を一人にしぼり、じっくりと真の姿を掘り下げていく。

 「まさかのレギュラー放送ということで驚いています!」という村上は「今回新たなチャレンジをさせていただくことになり、またそれがスポーツ番組という事で大変うれしく、そして非常に楽しみにしております」と気合十分。「各スポーツ界の神様の話を直接伺えるまたとない機会ですので、神様から出てくる話を詳しく掘り下げ、今まで話してきていないエピソードも皆さまに届けられるように務めたいと思います」と呼びかけている。

 また、番組プロデューサーの吉田昇氏は「村上さんの“スポーツを知りたい!”という欲望が謎に包まれた“神”たちを丸裸にしました。日本の長いスポーツの歴史上には、まだまだベールに包まれた魅力たっぷりのスポーツの“神”たちがたくさんいます」と話し「村上さんのスポーツへの“情熱”と誰からも愛される人柄で、多くのレジェンドと呼ばれたアスリートたちの真の姿を世間に広めていただきたいと思います」と期待を寄せている。



オリコントピックス