• ホーム
  • スポーツ
  • 白鵬、夫人とは初恋同士で結婚 『冬のソナタ』で恋愛を研究していた

白鵬、夫人とは初恋同士で結婚 『冬のソナタ』で恋愛を研究していた

 横綱・白鵬と妻の紗代子夫人が9日、夫婦そろってフジテレビ系『SMAP×SMAP』(毎週月曜 後10:00)の人気コーナー「ビストロSMAP」に出演。紗代子夫人がテレビに出演するのは初めで、貴重な夫婦の2ショットが実現し、お互いが初恋の相手であったことを明かした。

 先月の初場所で33回という歴代最多優勝の大記録を打ち立てた白鵬。優勝インタビューで「賢い奥さんに感謝したいです」と内助の功を称賛していた横綱・白鵬。MCの中居正広から馴れ初めを聞かれると、18歳の時にあるパーティーの隣の席になったことをきっかけで出会ったことを告白。さらにお互いが初恋の相手であったと打ち明けると、中居から「映画みたい!」と羨ましがられ、うれしそうな笑顔を浮かべていた。

 女性と付き合ったことがなかった横綱は、恋愛の研究のために韓国ドラマ『冬のソナタ』を観ていたことを明かしたほか、「さよちゃん」「パパか横綱」とお互いの呼び名も発表。また、思い出深い取り組みを聞かれた紗代子夫人は、前場所を怪我で全休した後の復帰となった平成19年1月場所の安美錦戦と、全勝優勝で横綱昇進を決めた同年5月場所での朝青龍を破った取り組みをあげた。

 そのほか、自宅ではベッドを2つ並べて特別サイズにし、子ども3人を含めた5人で一緒に寝ていることなど、貴重なプライベートも告白。コーナー最後には、自身の物まねをするお笑い芸人・あかつの物まねを笑顔で見守っていた。



オリコントピックス