• ホーム
  • 芸能
  • 森下千里、知らぬ病名に困惑「ぎょ!!」 『亜急性壊死性リンパ節炎』と診断

森下千里、知らぬ病名に困惑「ぎょ!!」 『亜急性壊死性リンパ節炎』と診断

 タレントの森下千里(33)が28日、自身のブログを更新。週末から微熱と首の腫れがあったとし耳鼻科に行ってみたところ「亜急性壊死性リンパ節炎」と診断。「死にそうな名前に、ぎょ!!」と驚いている。

 耳鼻科で血液検査を受けたという森下は「亜急性壊死性リンパ節炎」と診断され「死にそうな名前に、ぎょ!!」とビックリ。だが、医師からしっかりと説明を受け「内容は、リンパの腫れと微熱」といい「感染経路、原因、治療法が不明で、薬が効かない。で、一ヶ月くらいすると、ふと治るということらしく じゃあ、痛いけど我慢するしかないですね」と安堵した。

 続けて「病気の内容を聞いたら、安心したのか元気が出てきて、腫れも収まってきたの」と明かすと「やっぱ、病は気からだなー」と自答。最後は「調子に乗りすぎず、自分のペースで回復していけばいっか」とつづっている。



オリコントピックス