• ホーム
  • 芸能
  • 渡辺正行、石井光三さんに感謝「父親だった」 ラサール石井「超えられない」

渡辺正行、石井光三さんに感謝「父親だった」 ラサール石井「超えられない」

 コント赤信号のリーダーでタレントの渡辺正行が13日、自身のブログを更新。今月6日に、胆管がんのため亡くなった芸能プロダクション・石井光三オフィス会長の石井光三さん(享年83)に感謝するとともに思い出をつづった。

 告別式に行ったという渡辺は「棺の中に、タバコのピース缶や、社長の好きな物が入っていた。その中に、チキンラーメンがあった。社長がチキンラーメンを好きなことを、俺は、知らなかった。なんか社長らしくて…涙してしまった」とつづった。

 石井さんとの思い出について「売り出して間もない頃、大阪の仕事で泊まりの時、社長のご実家に泊まらせてもらった。俺達のパジャマが用意されていて、俺達の歯ブラシが用意されていて…」と振り返り「子供達と遊び、ご飯を食べ、夜、近くの竹林に向かってコントの練習をし…まるで、家族のように接してくれた社長とご家族」と感謝。

 さらに「俺達以上に良く喋り、良く動き、取引先に行っては、『赤信号宜しくお願いします!』と、俺達が恥ずかしくなるような大声で営業し、仕事で出た弁当は、必ず持って帰る。帰る時、楽屋の台本・ごみは、必ず持って帰る…色々な事を教えてくれた」と回顧。「まるで父親だった、石井光三。あんなマネージャーは、他にいない。あの涙を見せない石井君が泣いている…胸が詰まる…。石井社長、あなたがいなかったら、今の俺はありません。コント赤信号もありません。ありがとうございました」と伝えた。

 また、同日にラサール石井も都内で会見を行い「コント赤信号は、石井光三さんがいなかったらいない。4人で赤信号ってずっと言っていて…。ここまで育てていただいて、生きてこられたのは社長のおかげ。絶対超えられない人です」と恩人への感謝を語った。



オリコントピックス